こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

ダンスで理科 1日目

今日から、「ダンスで理科を学ぼう」の授業。

企業教育研究会のみなさんと北村成美さん(以下、しげやん)と合流し、学校へ。
10:50、授業スタート!
テーマは、「流れる水のはたらき」です。

まずはしげやんとアシスタントの佐藤健太郎さんのデモンストレーション。
はじめは舞台上で踊っていたのが、子どもたちの間に乱入!

そしてあいさつ。
「”流れる水のはたらき研究家”のしげやんです!」という第1声にはじまり、
「”流れる水のはたらき”を”人体実験”します」という宣言に沸く子どもたち。

ワークでは、「水」を意識して体を動かしたり、ペアになって活動したり。

しげやんは、ほとんど指示を出さない。声もかけない。
でも、子どもたちはしげやんの意図を読み取り、ついてくる。すごい。

終盤、「これが水のダンスです」というしげやんの言葉に、ポカンとする子どもたち。
理科の授業時間だし、ダンスと思ってなかったのだろうなぁ。

あっという間に45分間の授業は終わり、
明日は「水」と「土」の授業をします。

12月4日の産経新聞と京都新聞に記事が出ています。
[PR]
by ide_h | 2008-12-03 19:05 | 子どもとアーティストの出会い