こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

「コラージュフレームをつくろう!」

8月8日(土)、9日(日)の2日間、名古屋の産業技術記念館で週末ワークショップ
「コラージュフレームをつくろう!」を開催しました。
アーティストは、家具職人でgraf.のメンバーである荒西浩人氏。
参加してくれたのは、小学校4年生から6年生の子どもたち各日20名程度。

今回は、産業技術記念館で織られた布を活用して、作品づくりを行いました。
まずは、大きい布に全員で全員で絵を描き、できた絵を鑑賞。
その後、自分の好きな部分を切り取り、フレームに入れて、
フレームもデコレーションしました。

はじめは恥ずかしがっていた子どもたちも、興が乗ってくるとどんどんとダイナミックに描き始め、
手や足を使ってユニークな絵を描きました。
後からフレームをあてて構図を決めたため、余白をうまく活用するなど、
なかなか素敵なセンスを見せる子も。
最後は、作品にタイトルをつけて、みんなで見せ合いました。
抽象画のような絵のタイトルが「風力発電」だったり(ダイナミックでさわやかな作品でした)、
下半分がワニで上が余白の作品は「空を見上げるワニ」だったり、
子どもたちの豊かな世界をたくさん見ることができました。
みんな素敵な作品だったので、ぜひお家で飾ってほしいです。

私たちにとっても、いい夏の思い出になりました。
産業技術記念館の皆様、荒西さん、どうもありがとうございました!

産業技術記念館のウェブサイトに、写真つきレポートがアップされています。
こちら
[PR]
by ide_h | 2009-08-11 14:08 | 子どもとアーティストの出会い