こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

産経新聞に掲載して頂きました

産経新聞の7月28日夕刊の、「私の元気充電術」に掲載して頂きました。
どうもありがとうございました!

取材のご依頼を頂いたときは、「私の充電術・・・飲むことと、寝ること・・・か?」と思いましたが、
これでは記事になら~んと思い、真面目に考えたところ、
やはり「私は"アート”と”子ども”からパワーをもらっているのだ!」と思いあたりました。
仕事と生きがいが一致しているのはとても幸せなことですね。

以下、記事より引用させて頂きます。

・・・引用開始・・・

「1週間で子供たちの顔つきが変わります。自信をつけ、ものを見る視野が広がれば、人との関わり方も変わってきます」
井手上さん自身もアートから刺激を受けることが多い。展覧会や公演に出かけ、作品を通して自分のやりたいことを見つめ直すという。
   (中略)
「ワークショップでは毎回、いい意味で裏切られます。それくらい子供たちが持っている可能性って大きい」。学校とは違う学びの場で何ができるか。井手上さんの挑戦はこれからも続く。

・・・引用終了・・・
(2010年7月28日 産経新聞夕刊「私の元気充電術」より)

ちなみに今回は京都芸術センターで過ごす充電時間のことを記事にしていただいたのですが、
本当にどん底まで落ち込んだときは、
温かい飲み物を片手に過去のワークショップの記録ビデオをぼーっと見たりしています。

「ああ、このとき、こんなことがあったなぁ」
「このシーンは何度見ても泣ける・・・」
「この時は悔しかった・・・次は絶対もっとよくしよう!」
「この子、いまどうしてるかな、元気かな」
とか思いながら見ていると、またがんばろう!と思えるのです。

充電術というより、立ち直り術ですが(汗)
日々のワークショップで出会う子どもたちやアーティストから、
いつもエネルギーをもらっています。
ありがとうございます。
[PR]
by ide_h | 2010-07-29 20:40 | 子どもとアーティストの出会い