こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

大山崎で、お茶会イベントやります。

秋です。

みなさん、気持ちのいい季節、楽しんでいますか?
私は風邪を引いて倒れました・・・(泣)

さて、現在大詰めを迎えているのは!

「第26回国民文化祭・京都2011~伝統と未来をつなぐ歴史の舞台・大山崎 天王山を彩る大茶会と灯明のコラボ~」

です。タイトル長っ!

「お茶会」と聞くと、むりむり~~~~と逃げてしまわれる方も多いのですが(汗)
それは、お茶のことをまったく知らない怖いもの知らずの私が企画しているので、
大丈夫です(いばり)

お気軽に遊びに来てくださいね。
茶会の亭主も、大募集中です。
特設茶室をまるごと一個お貸しするので、

作品発表に、ミニワークショップに、プチ展示会に、
いろいろ利用されてみてはいかがでしょう?

それでは、以下告知文です。

・・・・

「第26回国民文化祭・京都2011~伝統と未来をつなぐ歴史の舞台・大山崎 天王山を彩る大茶会と灯明のコラボ~」

千利休が建てたと伝えられる国宝・茶室「待庵」が現存する大山崎町に伝わる茶の湯の文化。日本の伝統文化を見なおし、「おもてなしの心」をつたえる茶会を大山崎町内各所で開催します。うち、アサヒビール大山崎山荘美術館会場では、アーティストが亭主をつとめる茶会や、市民が亭主をつとめる「市民茶会」、子どもたちが亭主となる「子ども茶会」を開催。茶の作法を知らなくても、「おもてなし」を気軽に楽しめる茶会を開催します。会場は、アサヒビール大山崎山荘美術館内の茶室ほか、建築家ユニット「expo」による、同美術館の庭園に設置される特設茶室です。

会期:2011年11月5日、6日(土、日)10:30~16:00
参加アーティスト:日菓(和菓子)×うつわhaku(陶芸)、ほうほう堂(コンテンポラリーダンス)、山﨑正裕(陶芸)ほか
           市民、子どもたち
料金:茶席 1席につき300円
    ※別途美術館入館料が必要です。(一般:900円、高・大学生:500円、障害者手帳をお持ちの方:300円、小・中学生:無料)

【会場へのアクセス】
JR京都線で「山崎駅」下車、または阪急電車京都線で「大山崎駅」下車。
※アサヒビール大山崎山荘美術館へは、両駅より徒歩約10分

主催:第26回国民文化祭大山崎町実行委員会、第26回国民文化祭京都府実行委員会ほか
協力:アサヒビール大山崎山荘美術館、離宮八幡宮、宝積寺
茶会運営:NPO法人子どもとアーティストの出会い、大山崎町公民館茶道サークル、大山崎町商工会議所、大山崎ふるさとガイドの会、京都府立西乙訓高等学校
茶室制作:expo

イベント情報は、随時ブログで更新いたします。
「今日もお茶会日和。」http://cyakai.exblog.jp/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「市民茶会」「子ども茶会」の亭主を募集しています!
お茶の経験がなくても大丈夫!

【市民茶会】
茶の湯の経験がなくても、お作法を知らなくても大丈夫。ナビゲーターがていねいにアドバイスします。あなただけの「おもてなし」がいっぱいの、オリジナル茶席をつくってみませんか?

【子ども茶会】
子どもたちが「亭主」となる茶席。いつも元気いっぱいの子どもたちが、茶席の亭主をつとめます。ぼく・わたしならではの、素敵な“お茶席”をつくっちゃおう。どんな茶の湯ができるかな?

日時:
市民茶会/11月5日(土)、6日(日)10:30~16:00(午前の部、午後の部で開催します。時間帯はお問い合わせ下さい。)
子ども茶会/11月5日(土)10:30~14:00(※昼食をご持参下さい)
参加費:無料

会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 庭園内特設茶室

対象、定員:市民茶会 先着15名 どなたでも
      子ども茶会 先着10名 5歳以上のお子様 
※小学生以下のお子様には保護者の同伴が必要です。

【申込方法】
以下の必要事項をご明記の上、EメールまたはFAXにてお申し込み下さい。
《必要事項》
希望する茶会の種類、お名前(ふりがな)、年齢、ご連絡先(携帯電話、メールアドレス)(「子ども茶会」の場合は、保護者の方のご連絡先)、参加希望日時、事前ワークショップ参加の可否

【申し込み・お問い合わせ先】
NPO法人子どもとアーティストの出会い
TEL  070-5655-6903 /FAX  075-231-8607  / E-mail chakai@npo-kad.com 
※お申し込みに際して頂いた個人情報は適切に管理し、本イベントの業務以外には使用いたしません。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by ide_h | 2011-10-30 21:15 | 子どもとアーティストの出会い