こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

やりきれない

今日は烏丸三条の「古茶家素夢子(sumushi)」でランチ。
以下、「素夢子」のパンフレットから引用。

「草果(そうか)の喫茶 禾穀(かこく)の野饗(のあえ) 
市中に翠霞(すいか)の山居(さんきょ)あり」

要は、体にいいお茶やお菓子や軽食を、
韓国の美しい古民家のような空間で出してくれるお店で、
店内には韓国式の茶室や小さなギャラリースペースがあります。
なんといっても、調度品や食器がすべてアンティークで、とても素敵。
値段も高くないし、食材もお茶ひとつも体のことを考えられているし、
なにより、それらがとてもおいしい。時間を忘れて、しばしぼんやり。

事務所に出ると、ある仕事で関わった学校の子どもが、
事件に巻き込まれたとのニュースが飛び込んできた。
日頃から子どもが被害にあう事件は数多く報道されているけれど、
実際にこんなことがあると、やりきれない。
幸い、軽症で本人も元気だと分かり、ほっとする。

いよいよ「ダンスで理科」研究会が近づいてきたので、
ひたすら準備作業。(レジュメを印刷したり、名札をつくったり・・・)
残念ながら私はマルチタスクにできていないので、
「ダンスで理科」以外の仕事はほとんど進まず・・・
明日がんばろうー。
[PR]
by ide_h | 2006-07-31 22:25 | 子どもとアーティストの出会い