こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

ダンスで理科、打合わせ。

今日は「ダンスで、理科」関係の仕事を気合をいれてやろうと思い、
ようやく研究会の報告書作成に手をつける。
ファイルを探っていたら、8月7日に作成した報告書のタタキを発見した。
そんなの作ったこと、すっかり忘れていました。自分、エライな…。

提出先にあわせて数パターン作成し、
それぞれに添付資料として写真や議事録をつける。
意外と時間がかかってあっという間に夕方になる…。

作業途中で、エイブル・アート・ジャパンに提出しなければならない
「めくるめく紙芝居」の書類の期限が8月31日だったことに気付き、
プチパニックに。と、とりあえず、後で考えることにします…。

夜、事務所にて「ダンスで、理科を学ぼう」2学期の授業の打合わせ。
2学期の取り扱い単元は「てんびんとてこ」ということで、
どんな授業にしていくか話し合っていく。

特に今回は実験との兼ね合いがポイントになる。
子どもたちにとって楽しい実験。ワークショップと分けるのではなく、
「楽しい部分を、共有したい」という意見も出て、なるほどと思いました。

「てこの原理を身体で理解するにはどうしたらいいか」について、
机上で話あっているだけではよく分からず、事務所の床をつかって実践することに。

モノとくらべて、ヒトの身体はよくできいて、
ヒトはモノじゃないから、シンプルに物理的なことを
説明しようとすると難しいということが分かりました。
あと、やはり身体だから分かることがあることも。
今回も、楽しい授業になりそうです。

打合わせを終えて、期限内に「めくるめく紙芝居」の書類を提出すべく、
大急ぎで、でも深夜までかかってなんとか仕上げる…。
ああ、今日はよく働いた・・・。
[PR]
by ide_h | 2006-08-30 23:28 | 子どもとアーティストの出会い