こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

イギリス訪問記(おまけ)

帰国の日。
3時間ほどフリーな時間があったので、
ナショナル・ポートレイト・ギャラリーとナショナル・ギャラリー、
テート・モダンを駆け足でまわる。

古今東西の名画の数々にショックを受け、
さらになぜかまた大雨で、へとへとになりながら完遂。
おみやげもゲット。

19時半の飛行機でイギリスを発ち、
日本に着いたのが1日の午後4時。

飽和状態のトランクと頭を抱えて京都に戻る。
1週間のスタディーツアーを終えて、
コミュニティダンスに関してはイギリスが日本より10年先を進んでいること、
逆に言えば日本がイギリスの10年前の姿であることを確認し、
その乖離と、それらを埋めるべくやらなければいけない様々な仕事、について、
頭をめぐらせたまま寝たら、まだツアーにまわっている夢をみた。

翌日、新聞を広げたら、ロンドンでの同時多発テロのニュースが。
イギリスの素晴らしいところと、この国のおかれている厳しい現実の両方を、
この1週間でまざまざと見たように思う。

自分は、日本で何ができるかを考える。
とはいえ、できることから、最大限の力を使って実行していくしかない。
5年分、10年分の勉強をしたように思う、1週間でした。

c0083468_21351155.jpg
c0083468_21354352.jpg
c0083468_21364431.jpg

[PR]
by ide_h | 2007-06-30 21:23 | 子どもとアーティストの出会い