こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

もっとひらいて!もっとはずんで!

TOA Music Workshop2006~もっとひらいて!もっとはずんで!~の
第2回目が終了しました。
(第1回目の様子はこちらこちら

今回の対象は、神戸ドイツ学院の子どもたち45名。
下は6歳から、上は小学6年生まで、幅広い年齢層の子どもたちです。
年齢層の幅や言語など、なにかと心配ごともあったのですが、
音楽の力はそういったことも全て超えてくれました。
楽器の紹介から、みんなで寝転んでガムラン鑑賞、
そして「お茶ケチャ」(バリ島の民族音楽「ケチャ」をベースにしたボイスパフォーマンス。
本ワークショップのオリジナルプログラム)にチャレンジ。
いろんな楽器を手にして、声も限りに「おちゃ・おちゃ・むぎちゃ!」と
叫ぶ子どもたち。うまく舌の回らない6歳児さんは
「ちゃ・ちゃ・ちゃ」と歌いながらダンス!

最後は、UOOMOOさんの演奏も加わって、
グルーブ感のあるパフォーマンスができあがったのでした。

はじめは不思議そうな顔をしていた子どもたちが、
最後は「とっても楽しかった!」といってくれたのが何よりの喜びです。
帰り道まで「お茶ケチャダンス」をしていた男の子の姿が、心に残りました。

次回は、3月4日。
今度は、どんな子どもたちに会えるかな…?
[PR]
by ide_h | 2008-01-23 18:46 | 子どもとアーティストの出会い