こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子どもとアーティストの出会い( 192 )

アートと学びを考える2日間~音楽家といっしょに音楽ワークショップを開発しよう~

**********************************

 『アートと学びを考える2日間~音楽家といっしょに音楽ワークショップを開発しよう~』

http://learn-through-the-art.blogspot.com/


小学校教員や学生、NPO職員が集まり、アートを通じた学びを考える定期勉強会「スルー」。


アートを活用した学びについて、「その意義や価値について考え、今後のよりよいアートを活用した学びのプログラムのあり方を考えること」、「教員がクリエイティブな活動を楽しみ、普段の授業の実践へのヒントを得ること」を目的として開催しています。


この夏、好評だったスルーの夏合宿に引き続き、冬の合宿を行うことが決定しました。(夏合宿の様子は、http://www.toa-csr.jp/2011/09/14.html←ここからご覧ください。)


教育とアートについてじっくりと話し合う機会を持つこと、音楽家をゲストに、音楽ワークショップを開発すること、そしてみなさんのリフレッシュの機会とすることを目的に、1泊2日の冬合宿を開催します。

今回の合宿では、テーマを、『ザッツ音楽』と題し、「身近な音と、楽器のセッションから面白い音楽をつくる」というワークショップを開発することを目的としています。

  今回のコンセプトの元となったのは、テレビ番組「花音」です。番組の動画は、次のサイトから見ることができます。http://www.toa.co.jp/otokukan/kanon/

  今回の合宿では、この「花音」をヒントに、身近な音を録音し、それに楽器のセッションを加えることで、面白い音楽を作るという内容のワークショップを開発しようと考えていま
  す。

 『ザッツ音楽』・・・雑音ととらえがちな日常の何気ない音から音楽を生み出すこと。その町の音に耳を澄ませること。

  合宿では、参加者自身が「身近な音と、楽器のセッション」を体験しながら、子ども対象のワークショップを組み立てていく予定です。

ご興味のある方は、是非、ご参加ください。


**************************


『アートと学びを考える2日間~音楽家といっしょに音楽ワークショップを開発しよう~』


日程:2012年1月7日(土)~1月8日(日)


対象:教員または学生、「教育とアート」に関心のある方


定員:15名


参加費:社会人13,000円 ・学生10,000円


※宿泊費、食費(夕食・朝食・昼食)、飲み物代、場所代を含みます。
※参加料金は当日集金します。


場所:料理旅館 松本亭
    〒619-1303 京都府相楽郡笠置町笠置山(笠置寺門前)
    TEL.0743-95-2016
    http://www.matsumototei.com/docs/index2.htm


ゲスト:宮嶋哉行(即興音楽家・ヴァイオリン奏者)


主催 NPO法人子どもとアーティストの出会い、共催 教育の多様性体感プロジェクトCORE+、協賛 TOA株式会社


■スケジュール(予定)
1月7日(土)
12:00 近鉄「新田辺」駅 集合(車に乗り合わせて宿に移動)
13:00 集合、趣旨説明
13:30 ワークショップ1「即興音楽体験ワークショップ」
     (講師:宮嶋哉行)
16:00 近くの温泉へ(天然わかさき温泉 笠置いこいの館)
18:00 夕食(きじ鍋料理)
21:00 フリーディスカッション


1月8日(日)
9:00 ワークショップ2「身近な音で音楽作品を作ってみよう」
    (講師:宮嶋哉行)
12:00 昼食
13:00 ワークショップ3「音楽教材(ワークショップ)開発」
15:00 活動のまとめ
16:00 解散

・持ち物、服装…動きやすい服装でご参加下さい。タオル、ねまき、洗面用具は各自でご用意ください。(浴衣・歯ブラシ・タオル・バスタオルは、旅館で借りることもできます。全て借りた場合、500円です。)、録音が可能な機器(携帯電話、ICレコーダー、デジカメ等。無い場合は、こちらでお貸ししますので、ご連絡下さい。)

※1.山奥ですので、冷え込むことが予想されます。各自で、防寒対策をお願いします。
※2.もし、小さな楽器で、持ち寄りたいものがあれば、是非ご持参ください。

・宿泊部屋…他の参加者との相部屋(男女別)になります。


・雨天時…雨天決行です。荒天等、やむを得ず中止する場合は、1月7日(土)の午前8時頃、参加
者にご連絡いたします。


・キャンセル…キャンセルされる場合は、必ず1週間前(12月30日)の正午までにご連絡下さい。


・内容変更について…プログラムやスケジュールが変更となる場合がありますので、ご了承下さい。


・どちらか1日のみのご参加を希望される場合は、別途ご相談ください。


・会場までは、最寄り駅で待ち合わせた後、車で乗り合わせて行く予定です。現地に直接来られる方、もしくは、車での送迎の協力が可能だという方はご連絡ください。


■ゲストアーティスト:宮嶋哉行(みやじま・さいこう:即興音楽家・ヴァイオリン奏者)


【アーティストプロフィール】
1962年名古屋生まれ。2才の頃から鈴木メソードにてヴァイオリンを習いはじめ、西洋のクラッシックからはじまり、後にロックやジャズなどを経て現在のかたちである即興演奏にたどり着く。
1985年頃から東京を中心に十年ほど活動した後、大自然に恵まれた三重県の南部の大台が原の麓に生活の拠点を移す。そこからソロ活動やピアニスト下村ミサとの即興DUO『this』を結成し七年間の活動を行う。その活動を収めたスイス在住の映像作家の茂木綾子によるドキュメンタリー映画『風にきく』はスイスニヨン国際映画祭において特別賞を受賞。
現在はソロを軸としながらも辻崇(馬頭琴)、akiko(電子音)とのユニットurbakana3や参加型の即興ワークショップ『遊ぼasobo』を主宰し、音の遊びを広げる活動をしている。
2009年には黒子沙菜恵、野田まどか、kim wonとのダンス作品『気色あり』に音楽家として参加、ソンナム国際舞踊フェスティバルに招待される。


■アートを通じた学びを考える定期勉強会「スルー」
関西の現職小学校教員、NPO、文化関係者が集まり、アートを活用した学びについて、「その意義や価値について考え、今後のよりよいアートを活用した学びのプログラムのあり方を考えること」、「教員がクリエイティブな活動を楽しみ、普段の授業の実践へのヒントを得ること」を目的として開催している研究会です。
『スルー』という会の名称には、「アートを"通じて(through)"学ぼう、刺激を受けよう」という意味が込められています。
この会は、「NPO法人子どもとアーティストの出会い」、教育関係者による任意団体「教育の多様性体感プロジェクトCORE+」とが共同で立ち上げ、TOA株式会社の協賛により、2010年7月から定期的に開催しています。


■申し込み方法
「(1)氏名(2)住所(3)電話番号(4)メールアドレス(5)年齢(6)性別(7)ご所属」を明記頂き、件名を「スルー冬合宿」としてlearn.through@gmail.comまでお申し込み下さい。申し込みを受付けしだい、おり返しご連絡させて頂きます。
■申し込み・問い合わせ先
スルー事務局(担当:いでがみ・ふじわら)
(NPO法人子どもとアーティストの出会い内)
e-mail learn.through@gmail.com
[PR]
by ide_h | 2011-12-26 16:37 | 子どもとアーティストの出会い

飛び出すまちくさカード

12月4日(日)下鴨神社で開催される、「京都洛北 まちくさみっけ!」。
今回は、まちくさ博士といっしょに、「飛び出すまちくさカード」をつくります。

手作りのカードって、つくる方も楽しいし、もらうのも嬉しいですよね。
今回は、「まちくさみっけ!」の楽しさをギューっととじこめて、
思い出になるような、素敵なポップアップカードをつくります♪

博士の試作品は、こちら!
c0083468_1844711.jpg


博士はまだまだ研究を重ね、もっともっと素敵なカードを
子どもたちとつくりたい!と、気合が入っています。

当日は、どんなカードができるかな?
ご参加、お待ちしてます☆

■「京都洛北 まちくさみっけ!」イベント概要

日 時:2011年12月4日(日) 13:00スタート、16:00終了
    雨天時は12月11日(日)に延期
会 場:下鴨神社※境内、研修道場
講 師:しげもとしんぺい(まちくさ博士)
対 象:小学1年生~6年生 20名(公募:応募者多数の場合は抽選)
持ち物:デジタルカメラ
参加費:無料
運 営:主催 京都洛北・森と水の会
   協力 下鴨神社
   協賛 日本写真印刷株式会社
   プログラム企画・運営 NPO法人子どもとアーティストの出会い

■申し込み方法

参加者の名前、年齢、性別、保護者の連絡先(電話番号、メールアドレス)を記載の上、
下記までお申し込みください。
※メールアドレスの件名は「まちくさみっけ!参加申し込み」としてください。

申し込み締切日:11月25日(金)
申し込み・問い合わせ先: NPO法人 子どもとアーティストの出会い
電話番号  070-5655-6903 FAX 075-231-8607 
e-mail info@npo-kad.com
[PR]
by ide_h | 2011-11-20 10:41 | 子どもとアーティストの出会い

素敵な「まちくさ」

現在、小学生の参加者募集中の「京都洛北 まちくさみっけ!」
・・・でも、「まちくさ」って、どんなの?
という疑問にお答えすべく!

「まちくさ博士」が発見した、「まちくさ」をいくつかご紹介します♪

まずは!

c0083468_18264137.jpg


▲アスファルトの隙間から、ちょこんと生えたかわいい雑草。
博士はこれに、「チビゾウ」と名づけました。

c0083468_18274961.jpg

これはマンボールの蓋の部分に生えている雑草。よく見ますよね。
これには「ミミウサギ」という名前がつけられています。確かに、うさぎ!

c0083468_18285362.jpg

▲これは、穴の中に生えている雑草。
これには、「プロペラ」という名前。いまにも回りそうです。

c0083468_18295358.jpg

▲最後は、これ。
「ピクニック」という名前がつけられました。親子で楽しくお散歩してるようにも見えます♪

博士はこんな名前をつけましたが、あなたはどんな名前をつけますか?
もちろん、正解はありません。

こんな感じで、12月4日も、いろんな草を発見したいと思います♪
ご参加、お待ちしてます☆

■「京都洛北 まちくさみっけ!」イベント概要

日 時:2011年12月4日(日) 13:00スタート、16:00終了
    雨天時は12月11日(日)に延期
会 場:下鴨神社※境内、研修道場
講 師:しげもとしんぺい(まちくさ博士)
対 象:小学1年生~6年生 20名(公募:応募者多数の場合は抽選)
持ち物:デジタルカメラ
参加費:無料
運 営:主催 京都洛北・森と水の会
   協力 下鴨神社
   協賛 日本写真印刷株式会社
   プログラム企画・運営 NPO法人子どもとアーティストの出会い

■申し込み方法

参加者の名前、年齢、性別、保護者の連絡先(電話番号、メールアドレス)を記載の上、
下記までお申し込みください。
※メールアドレスの件名は「まちくさみっけ!参加申し込み」としてください。

申し込み締切日:11月25日(金)
申し込み・問い合わせ先: NPO法人 子どもとアーティストの出会い
電話番号  070-5655-6903 FAX 075-231-8607 
e-mail info@npo-kad.com
[PR]
by ide_h | 2011-11-19 18:32 | 子どもとアーティストの出会い

「京都洛北 まちくさみっけ!」

すっかり秋になって、紅葉もきれいになってきました。

11月は国民文化祭in京都の茶会のイベントを終え、
TOA Music Workshopの関西公演一発目を無事終え、
京都府立大学で講義をさせて頂き、
KBS京都「ぽじポジたまご」に出演させて頂き・・・と、
怒濤の秋ですが、私は元気にやっております!

さて、今日は12月4日(日)に下鴨神社で開催される
「京都洛北 まちくさみっけ!」のご案内です。

「まちくさ」は身近な雑草に自分でユニークな名前をつけて、写真を取り、みんなで発表する、という活動。
とってもシンプルですが、それぞれの名前がおもしろかったり、「そんなところにそんな草が!」という
驚きがあったり、楽しさいっぱいです。

今回は、その「まちくさ」を考案し、日々研究を重ねている「まちくさ博士」こと、
しげもとしんぺいさん
と一緒に、下鴨神社の糺の森(ただすのもり)の「まちくさ」を探しに行きます。
今回は、博士といっしょに「飛び出すまちくさカード」もつくるよ!!

日々、なにげなく見過ごしている雑草が、
目線を変えると、とっても愛おしい存在に思えてくるのが「まちくさ」の素敵なところ。

この機会にぜひ、参加して下さい。
小学生のみなさん、20名を募集しています!

■「京都洛北 まちくさみっけ!」イベント概要

日 時:2011年12月4日(日) 13:00スタート、16:00終了
    雨天時は12月11日(日)に延期
会 場:下鴨神社※境内、研修道場
講 師:しげもとしんぺい(まちくさ博士)
対 象:小学1年生~6年生 20名(公募:応募者多数の場合は抽選)
持ち物:デジタルカメラ
参加費:無料
運 営:主催 京都洛北・森と水の会
   協力 下鴨神社
   協賛 日本写真印刷株式会社
   プログラム企画・運営 NPO法人子どもとアーティストの出会い

■申し込み方法

参加者の名前、年齢、性別、保護者の連絡先(電話番号、メールアドレス)を記載の上、
下記までお申し込みください。
※メールアドレスの件名は「まちくさみっけ!参加申し込み」としてください。

申し込み締切日:11月25日(金)
申し込み・問い合わせ先: NPO法人 子どもとアーティストの出会い
電話番号  070-5655-6903 FAX 075-231-8607 
e-mail info@npo-kad.com
c0083468_149342.jpg

▲過去の「まちくさ」ワークショップの様子
[PR]
by ide_h | 2011-11-18 14:09 | 子どもとアーティストの出会い

大山崎で、お茶会イベントやります。

秋です。

みなさん、気持ちのいい季節、楽しんでいますか?
私は風邪を引いて倒れました・・・(泣)

さて、現在大詰めを迎えているのは!

「第26回国民文化祭・京都2011~伝統と未来をつなぐ歴史の舞台・大山崎 天王山を彩る大茶会と灯明のコラボ~」

です。タイトル長っ!

「お茶会」と聞くと、むりむり~~~~と逃げてしまわれる方も多いのですが(汗)
それは、お茶のことをまったく知らない怖いもの知らずの私が企画しているので、
大丈夫です(いばり)

お気軽に遊びに来てくださいね。
茶会の亭主も、大募集中です。
特設茶室をまるごと一個お貸しするので、

作品発表に、ミニワークショップに、プチ展示会に、
いろいろ利用されてみてはいかがでしょう?

それでは、以下告知文です。

・・・・

「第26回国民文化祭・京都2011~伝統と未来をつなぐ歴史の舞台・大山崎 天王山を彩る大茶会と灯明のコラボ~」

千利休が建てたと伝えられる国宝・茶室「待庵」が現存する大山崎町に伝わる茶の湯の文化。日本の伝統文化を見なおし、「おもてなしの心」をつたえる茶会を大山崎町内各所で開催します。うち、アサヒビール大山崎山荘美術館会場では、アーティストが亭主をつとめる茶会や、市民が亭主をつとめる「市民茶会」、子どもたちが亭主となる「子ども茶会」を開催。茶の作法を知らなくても、「おもてなし」を気軽に楽しめる茶会を開催します。会場は、アサヒビール大山崎山荘美術館内の茶室ほか、建築家ユニット「expo」による、同美術館の庭園に設置される特設茶室です。

会期:2011年11月5日、6日(土、日)10:30~16:00
参加アーティスト:日菓(和菓子)×うつわhaku(陶芸)、ほうほう堂(コンテンポラリーダンス)、山﨑正裕(陶芸)ほか
           市民、子どもたち
料金:茶席 1席につき300円
    ※別途美術館入館料が必要です。(一般:900円、高・大学生:500円、障害者手帳をお持ちの方:300円、小・中学生:無料)

【会場へのアクセス】
JR京都線で「山崎駅」下車、または阪急電車京都線で「大山崎駅」下車。
※アサヒビール大山崎山荘美術館へは、両駅より徒歩約10分

主催:第26回国民文化祭大山崎町実行委員会、第26回国民文化祭京都府実行委員会ほか
協力:アサヒビール大山崎山荘美術館、離宮八幡宮、宝積寺
茶会運営:NPO法人子どもとアーティストの出会い、大山崎町公民館茶道サークル、大山崎町商工会議所、大山崎ふるさとガイドの会、京都府立西乙訓高等学校
茶室制作:expo

イベント情報は、随時ブログで更新いたします。
「今日もお茶会日和。」http://cyakai.exblog.jp/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「市民茶会」「子ども茶会」の亭主を募集しています!
お茶の経験がなくても大丈夫!

【市民茶会】
茶の湯の経験がなくても、お作法を知らなくても大丈夫。ナビゲーターがていねいにアドバイスします。あなただけの「おもてなし」がいっぱいの、オリジナル茶席をつくってみませんか?

【子ども茶会】
子どもたちが「亭主」となる茶席。いつも元気いっぱいの子どもたちが、茶席の亭主をつとめます。ぼく・わたしならではの、素敵な“お茶席”をつくっちゃおう。どんな茶の湯ができるかな?

日時:
市民茶会/11月5日(土)、6日(日)10:30~16:00(午前の部、午後の部で開催します。時間帯はお問い合わせ下さい。)
子ども茶会/11月5日(土)10:30~14:00(※昼食をご持参下さい)
参加費:無料

会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 庭園内特設茶室

対象、定員:市民茶会 先着15名 どなたでも
      子ども茶会 先着10名 5歳以上のお子様 
※小学生以下のお子様には保護者の同伴が必要です。

【申込方法】
以下の必要事項をご明記の上、EメールまたはFAXにてお申し込み下さい。
《必要事項》
希望する茶会の種類、お名前(ふりがな)、年齢、ご連絡先(携帯電話、メールアドレス)(「子ども茶会」の場合は、保護者の方のご連絡先)、参加希望日時、事前ワークショップ参加の可否

【申し込み・お問い合わせ先】
NPO法人子どもとアーティストの出会い
TEL  070-5655-6903 /FAX  075-231-8607  / E-mail chakai@npo-kad.com 
※お申し込みに際して頂いた個人情報は適切に管理し、本イベントの業務以外には使用いたしません。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by ide_h | 2011-10-30 21:15 | 子どもとアーティストの出会い

秋のお知らせ3つ

気がつけば、すっかり秋になっていました。
子どもとアーティストの出会いの今年の活動も、いよいよ本格シーズン突入です!

近々に予定しているお知らせ、3つです。

【その1】
「第26回国民文化祭・京都2011」伝統と未来をつなぐ歴史の舞台・大山崎 
天王山を彩る大茶会と灯明のコラボ
「大茶会」

日時:11月5日(土)、6日(日)10:30~16:30(イベントによって異なります)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 茶室、特設茶室
参加アーティスト:日菓(和菓子)、うつわhaku(陶芸)、ほうほう堂(コンテンポラリーダンス)、ほか
参加費:1席300円(別途美術館入館料が必要です)

昨年、「戦国ポップ茶会」の名称で開催しました、アート×茶会のイベントを今年も行います。
アーティストによる茶会、一般の方が亭主となる「市民茶会」に「子ども茶会」、
さらにコンテンポラリーダンスも、特製お菓子も!
またまた盛りだくさんです。詳細、まもなくご案内致します。

【その2】
「TOA Music Workshop2011~こころのリズム、カラダのきもち~」
2005年からスタートしたTOA株式会社と協働で企画している音楽ワークショップ。
今年は、なんと、全国展開です!すでに2都市で開催し、今年中にのこり5都市をまわります。
どんな子どもたちに会えるか、わくわくドキドキです。

詳細→http://www.npo-kad.com/information/440/

【その3】
「京都洛北 まちくさみっけ!」
世界遺産の下鴨神社「糺の森」で、 小学生を対象に、「京都洛北 まちくさみっけ!」を開催します。
身近に生える雑草に名前をつけてアートにしてしまう活動「まちくさ」。
今回は、オリジナルの「飛び出すまちくさカード」も皆で作ります。

日 時:2011年12月4日(日) 13:00スタート、16:00終了
    雨天時は12月11日(日)に延期
会 場:下鴨神社※境内、研修道場
講 師:しげもとしんぺい(まちくさ博士)
対 象:小学1年生~6年生 20名(公募:応募者多数の場合は抽選)
持ち物:デジタルカメラ
参加費:無料
申し込み・問い合わせ等の詳細→http://www.npo-kad.com/information/431/

その他にも、小学校でのワークショップや大学での特別講義、「スルー」の合宿~冬編~の準備など、
盛りだくさんの秋です。

みなさま、素敵な秋をお過ごし下さいね。
[PR]
by ide_h | 2011-10-05 22:01 | 子どもとアーティストの出会い

スルーの夏合宿、開催します。

アートを活用した学びについて考える定期勉強会『スルー』の第13回が、7月15日に京都市内で開催され、現職の教員、NPO関係者、学生など5名が参加しました。

まずは、今年度の「TOA トライやる・ウィーク」の映像を鑑賞しました。映像スタッフのこだわりの詰まったビデオで、先日完成したばかりのものです。スタッフとして当日手伝ってくれたメンバーは、「本番でも見たけれど、映像で見てもやっぱりおもしろい!」と真剣に見入っていました。

後半は、8月27日(土)~28日(日)に予定している「スルー」の夏合宿、『アートと学びを考える2日間 ~音楽家といっしょに音楽教材をつくろう!~』の打ち合わせを行いました。今回の企画では、1泊2日とたっぷり時間をかけて、アートと教育について思う存分ディスカッションをします。また、音楽家をゲストに迎えてワークショップを体験。さらに、普段の授業で使える音楽ワークショップを音楽家と一緒に開発するなど、盛りだくさんの内容です。なお、ゲストアーティストは、今年度のトライやる・ウィークに参加して頂いた、打楽器奏者の安永早絵子さんです。2日間でどんな議論が飛び出すか、どんな音楽教材が生まれるか、こうご期待です。

以下、詳細のご案内です。ふるってご参加ください。

『アートと学びを考える2日間 ~音楽家といっしょに音楽教材をつくろう!~』
日程:2011年8月27日(土)~8月28日(日)
対象:教員または学生、「教育とアート」に関心のある方
定員:20名
参加費:8,000円(宿泊費を含みます。交通費・食費は各自でご負担下さい)
場所:神戸セミナーハウス http://www.pb-k.jp/kobeseminarhouse/
ゲスト:安永早絵子(打楽器奏者)
主催 NPO法人子どもとアーティストの出会い、共催 教育の多様性体感プロジェクトCORE+、協賛 TOA株式会社

スケジュールなど詳細は以下でご覧頂けます。
http://learn-through-the-art.blogspot.com/

■申し込み方法
「(1)氏名 (2)住所 (3)電話番号(4)メールアドレス (5)年齢 (6)性別 (7)ご所属」を明記頂き、
下記までお申し込み下さい。申し込みを受付けしだい、おり返しご連絡させて頂きます。
(※お申し込みに際して頂きました個人情報は適切に管理し、本プログラムの連絡以外には使用いたしません)

■お申し込み・問い合わせ先
スルー事務局  担当:いでがみ
(NPO法人子どもとアーティストの出会い内)
TEL 070-5655-6903
FAX 075-231-8607
e-mail  learn.through@gmail.com
[PR]
by ide_h | 2011-08-03 15:34 | 子どもとアーティストの出会い

トライやる・ウィークの活動報告会に行ってきました。

トライやる・ウィークから1ヶ月。
神戸市立港島中学校で、トライやる・ウィークの活動報告会があり、参加させて頂きました。

トライやる・ウィークで2週間、社会体験をした生徒さんたちが、
それぞれの活動を報告する会です。
TOAのトライやる参加者の子どもたちにも再会。
みんな、はにかみながらも、嬉しそうに駆け寄ってくれました。

トライやる・ウィークの受け入れ先は、港島中学校の場合、
企業からホテル、保育園、消防署など、全26事業所にものぼります。
それぞれの報告を聞きながら、ときに緊張し、失敗しながらも、
どの子も一生懸命とりくみ、何かを学んだ様子が伺えました。

発表の際の感想では、つぎのような言葉が印象に残りました。
「違う立場に立って考えること」
「いろんな立場の人が誰かのために考え、働いていること」
「小さな仕事にも大切な意味がたくさんあること」

仕事をする上で、とてもシンプルな、しかしとても大事なことを、
きちんとつかみとってくれていたようで、とても嬉しく思いました。

きっと5年後、10年後の彼ら・彼女らにとって、
おおきな体験になったのではないかなと思います。
[PR]
by ide_h | 2011-07-08 19:43 | 子どもとアーティストの出会い

「スルー」開催のお知らせ「演じることを通して学ぶー学校教育に活かすドラマの手法」

アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』開催のご案内です。

6月のスルーのテーマは、「演じることを通して学ぶー学校教育に活かすドラマの手法」。
演劇と教育の関係に興味がある方も、演劇が初めての方も、どうぞご参加ください。

日時:6月26日(日)13時~16時 大会議室
場所:山科青少年活動センター
    (http://www.jade.dti.ne.jp/~yamasei/)
参加費:700円
定員:10名
テーマ:「演じることを通して学ぶー学校教育に活かすドラマの手法」
内容:即興劇(ドラマ)の手法を取り入れた学び方 体験ワークショップ
     ・ウォームアップ  身体表現を通して「対照な図形づくり」について学ぼう
     ・即興劇を演じながら「成績」について考えよう
     ・ふりかえり

講師:武田富美子
(HP) http://www.drama-ee.net/index.htm
プロフィール:元京都府立高校教諭(理科)。その後、家族で沖縄へ移住。子どものアレルギーがきっかけで、琉球大学でダニアレルギーの研究。その一方で、心理劇に出会い、沖縄国際大学非常勤講師としてドラマ手法を用いて教員養成教育を始める。現在、立命館大学生命科学部准教授。理科教員養成の科目の他、教職関係の科目を担当。著書に『学びの即興劇―テーマを掘り下げ、人間関係を結ぶ―』(晩成書房)がある。

参加方法:お名前、ご所属を明記の上、右記までご連絡下さい。info@npo-kad.com

■アートを通じた学びを考える定期勉強会『スルー』は
小学校教員、NPO、文化関係者が集まり、アートを活用した学びについて考える研究会です。
http://www.toa.co.jp/mecenat/tmw/datatmw/analysis/through.htm
[PR]
by ide_h | 2011-06-11 19:47 | 子どもとアーティストの出会い

TOAトライやる・ウィーク コンサート、ありがとうございました!

6月3日、TOAトライやる・ウィークコンサート「島っ子 Musicful Life」が、無事に終了しました。
今年も、とっても楽しくて、とっても素晴らしいコンサートになりました。
株式会社ワールドさんのトライやる・チームがつくってくださった衣装も、
すごく可愛くて・・・。おもわず、私も欲しくなってしまいました!

コンサートにご来場頂いたお客様からは、
「とっても楽しかった!」「なんだか、涙が出てきました」と感動のお声が寄せられました。
TOAトライやる・チームのみんな、よくがんばったね!

当日の様子は、TOAさんのブログから写真つきで見られます。
「社会とともに、TOA」
http://www.toa-csr.jp/2011/06/2011-musicful-life.html
[PR]
by ide_h | 2011-06-08 16:15 | 子どもとアーティストの出会い