こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

命題

無事(?)今年最後のミーティングを終え、京都に戻りました。
昨日は某NPOの忘年会に深夜まで参加。
関係者と忘年会場の隅っこで、来年度の企画会議。

しかし場所が場所だけにどうしてもオープンミーティング形式でのディスカッションとなる。
デザイナー、ベンチャー企業の社長さん、塾の講師、医大生、僧侶の方・・・
かくもいろんな人が、入れ替わり立ち替わり参戦してくるので
会議が進まない。が、おもしろい。

そこで「アートって何なんだ?」「アートで何ができるの?」
「アートが何の役に立つの?」「何がアートで、何がアートじゃないの?」
という素朴かつ壮大な質問の数々が浴びせられる。

なんとか自分なりに答えようとするが、
「アートは○○というものであり、これによって△△ができるようになり、
そのことによって××が可能になります」とうまく説明できず、
その場に居合わせた経営コンサルタント(?)の方に
「君、そんなことでは周囲を納得させられないよ!」と叱られる。
はい、おっしゃるとおりです・・・。
ロジカルシンキングとプレゼンテーション能力を身につけることは
来年の努力目標に据えるとして、さて。

アートって何だ?

More...以下長文
[PR]
by ide_h | 2006-12-30 13:28 | 日々

仕事おさめ、られない。

仕事関係でお世話になっているみなさまに
「よいお年を!」の挨拶をしてまわり、
来年の大まかな計画もたて、
大掃除を済ませ・・あとはお正月を迎えるだけだと
思っていたところに仕事が。
やむなく出勤。

で、見落としていたメールを発見。
しかも結構重大だ。ひえ~、締め切りすぎてる。急げ急げ。
大慌てで電話をかけまくり、その合間に出張の準備をし・・・

・・・さて、いまから1泊2日、今年最後の(ほんとにほんとだろうな~)
お仕事に行ってきます。
[PR]
by ide_h | 2006-12-29 17:10 | 日々

大掃除

自宅の大掃除。
同居人と2人で分担して、朝からもくもくと働く。
BGMは「渋さ知らズ」。

私の担当は、お風呂場とトイレと玄関と廊下ともの干し場。
日が暮れる前に、なんとか完了。

夜は、ひさびさにふたりでゆっくり夕食。
お正月前だけど、頭芋のお吸い物、
鮭、小松菜のお浸し、高野豆腐。

久しぶりの、まともな夕食。
まともなお風呂。
まともな就寝時間。
しあわせー。
[PR]
by ide_h | 2006-12-28 22:18 | 日々

仕事おさめ

「子どもとアーティストの出会い」は、本日仕事おさめ。
少しだけやり残した仕事を片付け、
来年度に向けて頭を整理し、
スタッフに挨拶して、学生時代の友人たちとの忘年会へ。

ひさしぶりに会うみんなの、あまりの変わってなさが嬉しく、
たくさん飲んで食べる。
来年もいい年になりますように。

・・・

みなさま、今年もお世話になりました。
よいお年をお迎え下さい。
[PR]
by ide_h | 2006-12-27 23:21 | 日々

うれしいお知らせ

うれしいお知らせ2つ!

①「めくるめく紙芝居」が、来年度のアサヒ・アート・フェスティバル
 参加させて頂けることになりました!
 MEKは来年も継続します!

 今年のアサヒ・アート・フェスティバルは
 全国から31のアートプロジェクトが集まって進められる
 アートのお祭りです。
 
 他の参加企画一覧はこちらをご覧下さい。

②本番の会場が決定しました!
 以前、会場使用のお願いをしていたスペースから
 OKのお返事を頂きました。

 そこは、東御坊。正式には、
 真宗大谷派(東本願寺)山科別院長福寺、です。

 山科駅からも近く、便利なところにありますが
 静かで、境内は広くて、とても落ち着いたお寺です。
 ここで発表公演ができるなんて、とても楽しみです。
[PR]
by ide_h | 2006-12-26 22:36 | めくるめく紙芝居

東京でメリークリスマス、京都で忘年会

世間はクリスマスですが、東京出張です。お仕事です。
さすがに、どこもかしこも煌びやかで、道行く人もみな幸せそうで、
私もちょっと浮き足だってビール飲んでみたり。

今年最後の大事な会議も無事おわり、
次年度もいい方向で進んでいけそうでほっとする。

京都に戻って、夜はJCDNのみなさんの忘年会にお邪魔する。
「今年はどうだった?」と聞かれたので、
「去年は何がなんだか訳分からず忙しかったですが、
今年は何で忙しいかは分かりつつ、むちゃくちゃ忙しい年でした。」というと、
「成長したね~!」とみんなにほめられました。
はい、去年の今頃はほんと無茶苦茶でしたからね・・・。

来年も、きっと忙しいと思う。
ハードルも、どんどん高くなってきている。
けれど手ごたえや可能性は年々増してきているから、がんばろう。

目下の目標は、「子どもとアーティストの出会い」の法人化。
2007年は、節目の年になりそうです。
[PR]
by ide_h | 2006-12-25 23:21 | 子どもとアーティストの出会い

話してみれば

某所で、某企画のためのヒアリングを受ける。
(何の企画かは、来年春まで内緒です☆)

今までやってきたことを、とりとめもなくわーっと語っただけですが、
インタビュアーの方はそれらをサクサクと整理される。
それを聞いて、なるほどと思うことしきり。
こんな風に、違う専門分野の知識をお持ちの方とお話をするのは
いろいろ気付きもあって、勉強になります。
[PR]
by ide_h | 2006-12-21 23:04 | 子どもとアーティストの出会い

ダンスで理科 ミーティング

夜から、「ダンスで、理科を学ぼう」のミーティング。
ダンサーの北村成美さんと平盛小学校の糸井先生と
学年の先生が、事務所に来てくださいました。

3学期は1月19日(金)に実施。
はやいもので、これがおそらく最後のワークショップです。

テーマは、「ものの溶け方」。
子どもたちがそれぞれ粒子になり、
「○○水溶液(イデガミ水溶液とか、
しげやん水溶液とか)」をみんなでつくります。

さすがこれまで何度もワークショップをやってきただけあって、
打ち合わせはサクサクと進行。
あとは当日に向けて、具体的にイメージをつめていくのみ。

最後のワークショップなので、
私もいろいろとがんばらなきゃあ。
[PR]
by ide_h | 2006-12-19 23:56 | 子どもとアーティストの出会い

おてらハウス

昨日に引き続き、「めくるめく紙芝居」の本番の会場選定。
小暮さんに仏光寺の「おてらハウス」に行ってみてはと
アドバイスを受け、林さんとご訪問。

おてらハウスは大善院というれっきとしたお寺なのですが、
境内にギャラリーがあり、また本堂でもイベントができるという場所。

スペースの運営者であり、住職の佐々木さん、奥様に
いろいろとご相談し、こちらで本番をさせて頂く方向で決定。

まだまだ遠いと思っていた本番が、近づいてくるのを実感。
[PR]
by ide_h | 2006-12-19 23:11 | めくるめく紙芝居

まちあるき

「めくるめく紙芝居」の本番会場を探すため、
京都橘大学の学生さんと小暮さん、林さんと山科をまわる。

いくつかの候補地をまわって、
音の状態や客席のつくり方、雨天時の対応について検討。

一か所、前々からぜひここでやりたいと思っていた場所があり、
思い切ってそこの方にお願いしてみたら、
前向きに検討して下さるとのお返事。
もしこの場所でできたら、きっとすごく素敵です。
[PR]
by ide_h | 2006-12-18 23:07 | めくるめく紙芝居