こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

暑中お見舞い申し上げます。

暑い日々が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。

今年も梅雨が明け、やってきました猛暑。
うちの事務所にはいまだクーラーがないので、
扇風機が大活躍。ただ、書類が飛んでいって大変です。

クーラーがなくていいのは、冷え性にならないことと、
季節や天候の変化を敏感に感じられること。
これこそ、ロハスな生活ではないでしょうか。
地球温暖化に歯止めを!
自然と共生する生活を!

・・・と、おのれにいいきかせながら、夏の日々をやり過ごすのです。
はぁ、早く秋にならないかなー・・・。

こんな暑い事務所ですが、近くにお立ち寄りの際は遊びに来てくださいね。
日本の夏、京都の夏の暑さを体験できますよ。
暑さにメゲそうになったら、冷たいアイスティーを差し上げますから・・・。
[PR]
by ide_h | 2007-07-30 23:52 | 日々

めくるめく紙芝居ワークショップ

今年度最初の、めくるめく紙芝居のワークショップ。
今日の参加者は、参加者・スタッフ総勢25名。
いつのまにか大所帯になったMEK。
「ハニャマのハミューダ島物語」を見て加わってくださった方もいて、とても嬉しいです。

会場についたひとから、全員でワークショップの準備をする。
去年あまりできていなかった、マネージメントの基本の基本、
ワークショップの準備や片付けなど、なるべく意識的にみんなでやっていきたいと思っている。

まずは、自己紹介。そして、4月の「ハニャマのハミューダ島物語」をビデオで見る。
時間がないので、早送りして見たのだが、
みんな、自分の出演しているシーンが気になる。
要望にあわせて、巻き戻したり、早送りしたりで忙しい。

ビデオをみたあとは、紙芝居の絵をかく。
前回は画用紙に書いていたが、今年は大きな巻物にすることになったので、
巨大な障子紙に、みんなでよってたかって描く。
となりのテーブルには、大量の楽器が準備されていて、好きに触ることができる。

音楽がなんとなくはじまりそうなとき、途中でテレビをつけてしまうひとが。
林さんが、「つけてもいいけど、音は消して」と柔らかく対応。
あと、楽器をけっこう乱暴に扱うシーンもみられて、
柔らかく、ゆるーく、でも最低限のルールが守れるようになればいいなと思う。

後半は、音楽ワークショップ。
円陣を組んで、ひとりひとつづつ好きな楽器を選び、
端から順番に鳴らしていく。ささやかな音が広がる。
Yくんが突然床に寝転がり、「現場」か?と騒然となるが、本人は静か。
床に寝そべって、音をじっくりと聴いていたらしい。

次に、ひとり指揮をきめて、みんながそれにあわせて音を出す。
3人が順番にツッコミ、なかなか指揮がはじめられない。とはいえ、
このワークは、毎回続けていけばいい感じになりそう。
最後は、全員打楽器をもって、好きなだけ鳴らす。
好きなだけ音を鳴らすのは、気持ちいい。打楽器だと、なんとなく音も揃ってくる。

最後は、差し入れのアイスクリームやおやつを食べて、全員で後片付けをして、終了。

次回は、8月11日(土)18:30~。
場所は、山科身体障害者福祉会館。
太陽クラブの例会にお邪魔してのワークショップです。
これまたにぎやかになりそうな予感。
[PR]
by ide_h | 2007-07-29 23:23 | めくるめく紙芝居

コンタクトだよ、全員集合!

8月に滋賀会館で行われる、「CIMJ(Contact Improvisation Meeting Japan)」
のお知らせです。
コンタクト・インプロビゼーションのワークショップと無料セミナー、
ダンスツアーにカフェ…さまざまな角度から
ダンスに「コンタクト」できる、素敵な企画です。
コンタクト・インプロビゼーションは、アメリカで生まれたダンスのひとつで、
体にふれることや、他者の体とかかわりながら、ダンスをつくっていく方法です。

私も、プログラムのひとつにゲストトーカーとして参加します。

「コンタクトと社会のあれこれ」
日時:8月9日(木)19:00~20:30
会場:滋賀会館 1F大ホール ロビー
料金:無料(申込不要)
司会:橋本久仁彦(プレイバックシアター・プロデュース)
ゲストトーカー:
五島智子(Dance&People代表)
井手上春香(子どもとアーティストの出会い代表)

また、子ども向けのワークショップも開催されます。
夏休みにの思い出に、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

8/10(木)11:00-12:30 @滋賀会館
「大人とこどものためのコンタクト」

触れたり、まねたりしながら、大人とこどもが交じって体を動かすダン
スワークショップです。体格や身体の質の違い、持っているエネルギー
の違い。大人が楽しいワークこどもが楽しいわーく。いろんなものを一
緒に探しながら踊ってみましょう!

*現在こどものみ参加者を募集しています。

講師:森裕子×橋本久仁彦
対象:こども/5歳以上 おとな/18歳以上
定員:10組20名の大人とこども
料金:大人 1,000円、こども 500円
お申込先:滋賀会館 TEL: 077(522)6191

詳しくはWEBサイトで。 http://www.cimj.net
c0083468_14363871.jpg
[PR]
by ide_h | 2007-07-25 14:20 | ご案内

めくるめく紙芝居2007、はじまります!

2007年度のめくるめく紙芝居の活動がいよいよはじまります。

初回は7月29日(日)10:00~13:00
場所は京都市山科青少年活動センターの大会議室です。

2007年度も月に1-2回のワークショップを行い、
2008年3月に新作公演の上演を予定しています。
みなさま、お気軽に遊びにきてください。
[PR]
by ide_h | 2007-07-25 14:06 | めくるめく紙芝居

祇園祭

四条烏丸にある事務所は、祇園祭のシーズンは毎年大賑わい。
事務所にいながらにしてお囃子が聴ける好環境ですが、
お祭りムードに流されて仕事が手につかなくなってしまうのが困りもので・・・。

今年は台風4号が関西地域を襲った時期だったので、
どうなることかと心配されましたが、16日には雨も上がり、
例年以上の賑わいだったようです。

今年も事務所では十六夜会を開催しました。
浴衣姿のお客さんがたくさん見えて、涼やか、華やか。
私もはりきって浴衣を着てみたものの、慣れない下駄に泣く羽目に・・・。
とはいえ、せっかくの祇園祭り、意を決して山鉾を見に出かけました。
人ごみに流されながらも、提灯に照らされた山や鉾を見てまわり、
屏風祭や飾り物を堪能。
まさに街をあげてのお祭りで、あらためて京都の奥深さを実感しました。

17日、混雑を避けて午後から出勤すると、巡行を終えた山鉾が解体されていました。
こうやってまた一年、一年とこのお祭りは続き、守られていくのだなぁ。
[PR]
by ide_h | 2007-07-17 23:54 | 日々