こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

【ご案内】「踊りに行くぜ!!」淡路島公演

今週末のダンス公演のお知らせです。

=============================================
間もなく初開催です!!
「踊りに行くぜ!!」 淡路島公演
12月2日(日) 15:00開演 1回のみ公演!!
@淡路市立ひがしうら文化館 サンシャインホール
=============================================
淡路島公演 PVはこちら! 
http://www.sunshine-hall.com/jcdn.html

関西圏でありながら、<島>とついていると何となく遠い感じがして、
足が遠のいているあなた!一度、訪れてみるとわかります!
神戸からバスで1時間足らずで到着。
そこは文字通り海に囲まれた島!
その淡路島で、今年「踊りに行くぜ!!」の初開催、記念すべき第1回目
が開催されます。
今回「踊りに行くぜ!!」を島に呼んでくれたのは、関西のダンスシーンを
鋭い視点の批評で、プラス暖かく見守ってくれる舞踊批評家の竹田真理さん。
そして、数十年前は舞踏の道に足を踏み入れたこともあり、いまは現代美術家
として活躍中のアーティスト尾崎泰弘さん。
このお二人が中心に実行委員を結成していただきました。
そのエールに応えるべく、今回は出血大サービスの演目を西から東からご紹介します。

ダンス界で注目されている、そして、これから何かやらかしてくれる期待感満載の
ダンスアーティストが一挙に勢ぞろいです。その顔ぶれは。。。

★関西のドンともいうべきダンスの本髄を魅せてくれるしげやんこと北村成美。
★迎え撃つ関東からは、不動の名作デュオ「Be」をひっさげてダンスシアタールーデンス。
★そしてルーデンスの岩淵多喜子の待望のソロ作品。あまり上演されないのでおそらく今回は
貴重な機会に。
★そして、フレッシュな顔合わせは西からDANCE BOX 推薦アーティスト 山田知美の迫力のある舞い。
★東からは5人の女子ダンス、プロジェクト大山ー関西初上陸でぜったい見逃せない、

ベタなユーモア、そして、どこか懐かしい底知れぬ不適な笑いが見ものだ。
そうクセになるかも。

まるでスペシャル公演のような、これ以上ない豪華な顔ぶれが揃いました。
関西在住の皆さん、TVの前で寝そべっている間に着いてしまいますよ、
後悔したくなかったらいますぐ淡路島へGO!

踊りに行くぜ!!情報満載サイト 
http://www.jcdn.org/odoriniikuze/07/

お問い合わせ JCDN TEL075-361-4685

<会場へのアクセス>
JR新神戸・三ノ宮駅前のバスターミナルから→大磯・東浦方面の<西日本JRバス>
または、<本四海峡バス>大磯号に乗車、約1時間。
『東浦バスターミナル』下車すぐ。

詳しいアクセス案内
[PR]
by ide_h | 2007-11-28 21:28 | ご案内

ほっかほかラジオに出演

KBSラジオ京都の情報ワイド番組「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」
朝7:15~の「NISSANビジネスサポートトピックス」に電話で生出演させて頂きました。

約15分間にわたって、
「活動の目的」「これまでどんなプロジェクトを行ってきたか」
「このワークショップで、子どもたちのどんな部分が育つか」
「現在展開中のプロジェクト」等々、お話させて頂きました。

朝早い上に緊張していて、かなり不安でしたが、
パーソナリティの笑福亭晃瓶さんと
中村薫さんのリードが素晴らしく、短い時間でしたが
子どもとアーティストの出会いの大事な部分について
ちゃんと伝えられるよう、進行してくださいました。

ちなみにこの番組では、これまでに京都の「大枝アートプロジェクト」さん、
サウンドアーティストの小松正史さん、滋賀の「ひょうたんからKO-MA」さんが
出演されるなど、地域のアート情報やNPO活動が積極的に取り上げられています。

「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」はKBS京都の朝の人気番組で、
月~金の朝6:30~10:00まで放送されています。
早起きの方は、ぜひ聞いてみてくださいね。
[PR]
by ide_h | 2007-11-19 14:37 | 子どもとアーティストの出会い

NPO法人化に向けて・・・

今日は夜から、子どもとアーティストの出会いの
NPO法人化に向けてのミーティングを行いました。

子どもとアーティストの出会いの活動がスタートして、はや4年目。
ようやくプログラムも落ち着きはじめ、同時に団体としての
きちんとした運営基盤と組織化が必要だとひしひしと感じていました。
そこで理事とアドバイザーをお願いしていた方にお集まり頂き、
子どもとアーティストの出会いのミッション、
活動目的について話し合いました。

これまで、地道に活動しながら考えていたことも、
あらためて言葉にしていくと曖昧だったり、
逆に大切にすべき部分がはっきり見えたり。
熱くてエネルギッシュで混沌とした議論が交わされました。

あっという間に2時間が過ぎ、
終了予定時間になったとき、混乱の中からもゆるぎない言葉たちが手元に残りました。
あとは、これをさらに整理して、趣旨文を作成します。

そして、法人申請に必要な書類を揃え、
法人認可に向けて様々な体制を整え・・・
2008年の4月には申請ができるよう、
がんばります!
[PR]
by ide_h | 2007-11-09 15:24 | 子どもとアーティストの出会い

TOA Music Workshop2007

神戸のジーベックホールで、
TOA Music Workshop2007~もっとひらいて!もっとはずんで!~が
開催されました。

中学2年生130名を対象に行われた音楽ワークショップ。
当日の様子は、こちらからご覧いただけます。

「TOA Music Workshop2007」の活動(前編)2008年1月10日UP!
「TOA Music Workshop2007」の活動(後編)
2008年1月11日UP!


(2008年1月23日追加記事)
[PR]
by ide_h | 2007-11-06 18:43 | 子どもとアーティストの出会い

アサヒ・アート・フェスティバル2007 報告会その2

アサヒ・アート・フェスティバル2007 報告会2日目。
午前中は、テーマ別に分かれて話あうラウンドテーブルでした。
私は、「人材育成」がテーマのグループに参加。
「人材」といっても、常勤、非常勤、アルバイト、インターン、ボランティア・・・
NPOやアートプロジェクトにはさまざまな人がさまざまな形で関わっているので、
人材育成に必要ないくつもの要素は複雑に絡み合っていてとても難しい。

約90分間話し合った結果、
最終的には、団体の「組織計画」が必要という結論に落ち着きました。
また、学生さんからはアートマネージメントを理論で学ぶだけでなく、
もっと現場で学びたい、だからそのための情報をもっと得られるようにしてほしい、
という力強い意見も頂き、嬉しく思いました。

午後はAAF2007の総括と今後の展望についてのディスカッション。
今年は学生さんの参加が多かったらしく、
学生の力をアートプロジェクトに生かしていきたいという
積極的な提案がありました。

アートプロジェクトが次に生かされていくため、
また将来さらなる革新を遂げるため、
このバトンが繋がっていけばいいですね。
[PR]
by ide_h | 2007-11-03 14:57 | めくるめく紙芝居

アサヒ・アート・フェスティバル2007 報告会その1

アサヒ・アートフェスティバル2007の報告会に行きました。
初日は、全国の参加団体がプレゼンブースを出展して、
お客さんが自由に各プロジェクトを見てまわれるようになっています。

我々「めくるめく紙芝居2007」はワークショップのビデオと、
チラシ、活動ファイルをセッティング。
メンバーのHちゃんとYさんがお客様に一生懸命プレゼンしてくれました。

合間合間に、AAF2007全体のプレゼンテーションや、
パネルディスカッション、全国AAFツアーがあったり。
2階にはバーが用意されていて、プレゼンに疲れると
そこで休憩できるように工夫されていて、なんだかAAFらしい。

13時にオープンして、19時半まで。
長丁場で大変でしたが、パネルディスカッションもおもしろく、
眠気に負けることがありませんでした。

終了後は、恒例の宴会へ。
会場ではあまりゆっくり話せなかった、話してみたかった方と
ビールを飲み交わしながら、四方山話と真面目な話をたくさんすることができました。
[PR]
by ide_h | 2007-11-02 14:46 | めくるめく紙芝居

CIMJアーカイブ公開!

2007年8月に出演させて頂いた、「CIMJ」(滋賀)のドキュメントが、
ウェブでアップされました。

コンタクト・インプロビゼーションのワークショップや
ダンスの周辺環境をテーマとした座談会の様子が、
議事録と写真付きで紹介されています。
主催者の総評やアンケート結果、関係者のコメント付きで掲載され、
とても充実しているサイトです。
夏に参加しそこなった方は、ぜひチェックを!

「Contact Improvisation Meeting Japan in Shiga」http://www.cimj.net/archive/preview.html
[PR]
by ide_h | 2007-11-01 15:09 | 子どもとアーティストの出会い