こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トヨタ・子どもとアーティストの出会いin愛知

今日は、トヨタ・子どもとアーティストの出会いin愛知、瀬戸市立道泉小学校のワークショップ最終日でした。全10回を通して、ダンサーの山田珠実さんが、小学校6年生44名と一緒にダンス作品をつくってきました。そしていよいよ、保護者参観の今日、体育館で発表です。

実は前日機材トラブルがあり、スタッフは前日深夜まで、そして当日も朝早くから、奔走していたのでした。アーティストの山田さんも、当日のイメージトレーニング。
そしていよいよ開場時間、たくさんの保護者、地域の方、外部からの見学者が体育館に集まりました。

テーマは、「絆 かがやけ44人の輪」。
最初は、校長先生とトヨタ自動車からのご挨拶、そして、これまでのワークショップをスライドショウで振り返ります。踊ることのみならず、骨や体の仕組みを学んだり、自分の体を深く知ることを進めてきたワークショップでした。次に、ソロダンスのシーンを編集したビデオを上映。44人の個性や感性が立ち現れる、すてきな映像でした。そして山田さんから最後のお話があった後、いよいよスタンバイ。

会場が暗転して、ダンスがはじまります。
舞台後方から走り出て、ずらりと一列に並んだ子どもたち。どの顔もさすがに緊張しています。次の瞬間、「わーーーっ!!」という掛け声とともに、全速力で体育館を走りぬけ、太鼓の合図で自分のポジションへ。音楽に合わせて、全員で踊ります。複雑なステップ、かなり高度な振り付けです。体育館の舞台に駆け上がり、静かに天に手を差し伸べたあと、また舞台を飛び降り、今度は違うポジションへ移り、ダンス!そして体育館中をぐるぐると全力疾走・・・しかし、疲れ果てたように、ひとり、またひとりとその場に倒れていきます。

音楽が静かになって、ゆっくりひとりひとりが起き上がってきます。
その場で、自分の名前をモチーフにしたソロダンス。そして、友達と目をあわせてペアになり、ペアでダンス。

中央に集まり、1、2、3、4、、、と声をかけながら、手を繋いでいきます。44人目が繋がったら、
それが大きな円になりました。天から何かをもらうように手をさしのべて、静かにダンスは終わりました。

会場いっぱいの、拍手、拍手。

最後に、みんなで集まって、感想を言います。
「最初はダンスって分からなかったけど、だんだん分かるようになって、おもしろかった」という子ども。見学してくださった保護者からは、「運動会で見るダンスは、スポーツという感じだけれど、
今日のダンスは芸術でした」という嬉しいコメント。

子どもたちから山田さんにお礼の言葉と花束を渡す頃には、涙で言葉をつまらせる子どもに混じって、会場のあちこちで目頭を押さえる人の姿がありました。

・・・

5時間目は、特別に6年生のみんなとレクリエーション。
最初にアーティストとアシスタント、スタッフがひとりひとり子どもたちの前で
挨拶をすることになったのですが、もともと気持ちを言葉で表すのが苦手な上に、胸がいっぱいで言葉じゃなくて涙が出てしまい、なかなかみんなお話ができませんでした。
それでも、次の言葉をじっと待つ子どもたち。必死でみんなが思いを伝えた後は、元気いっぱいに遊びました。こういう関係が作れるのが、とてもいい。

学校が終わってから、先生方と打ち上げ。
いまだから笑い話になるたくさんの裏話や、このワークショップで考えたこと、変わったことなど、話は尽きませんでした。

・・・

今回は、「子どもたちが自分の殻を破り、成長できること」が大きなテーマとしてありました。今回、このテーマは見事に達成されたのですが、子どもたちはもちろん、アーティストや先生、スタッフたちにもとてもいい影響があり、みんなそれぞれに何かを考え、成長した4ヶ月でした。

子どもたちは、自分で考え判断し、自分を信じて表現することと、周囲と協力することを。
アーティストは、完成した作品の質をさらに高める方法と意識の持ち方を。
先生は、ひとりひとりの個性を伸ばすことと、集団を形成することが矛盾しない教育方法があることを。若いスタッフたちは、それぞれの人生のタイミングにおいて、子どもたちやアーティストの姿から様々なことを受け取ったようでした。

「トヨタ・子どもとアーティストの出会いin愛知」、次回は2月19日、豊田市の小学校で。
こんどはどんなドラマが待っているんだろう。
[PR]
by ide_h | 2008-02-14 23:57 | 子どもとアーティストの出会い

横浜でシンポジウム

横浜美術館で開催された、シンポジウム「アートと学校教育のこれから」に行ってきました。主催は、神奈川県、神奈川県教育委員会、NPO法人STスポット横浜、横浜市芸術文化教育プログラムプラットフォーム準備事務局。

県とSTスポットが協働して行っているアーティストと学校が連携した授業の報告会として、毎年2月に開催されており、今年で4回目。初回から毎年参加していますが、年々参加者の数が増えているようで、地道に活動されてきた成果のひとつが現れていると思いました。

前半は神奈川県とSTスポット横浜の「アートを活用した新しい教育活動の構築事業」の事例報告、後半は横浜市が行う「横浜市芸術文化プログラム推進事業」の報告とディスカッションでした。前者は2008年度でひとくぎりを迎えるとのことで、この5年間の活動がどう評価され、次に繋がっていくのかが大変気になるところ。後者は新しく生まれた事業で、市、教育委員会、NPO、学校、アーティストが連携してアート・イン・エデュケーションのプラットフォームをつくろうという活動だそうです。すでにアーティスト・イン・スクールの事業の事例が揃い始めた現在、このようなシステムづくりに向けた活動がスタートされるのは、とても興味深いです。好事例となって、各地で展開されるようになっていくことを期待しています。

ディスカッションで気になったことは、これだけ事例が集まってもアーティスト・イン・スクールのまた成果や効果が言語化されないということ。例えば、「子どもたちはどう変わりましたか?」という問いかけに対して、まだ「生き生きと楽しそうにしていました」ということ以上の言葉が出てこない。もちろん、アーティスト・イン・スクールの活動で得られるものは環境や取り組み内容によって大きく変化し、また受け取る側によって「変化」と感じられるものの質も量も異なってくると思います。もちろん、コーディネーターがさまざまな立場の人に向けて、さまざまな言い方で訴えていくのですが、広く一般にというと、人々の教育観が大きく揺れ動いている時代であることに加えて、そもそもアートが人々に充分に認知されていないので、なかなか難しい。しかし、そろそろ声を集めて強いメッセージを発していかなければならないのだと近年、強く感じます。活動は着実に認知され、広がりはじめているのに、それを支えるシステムがなかったり、評価が伴っていなければ、いくらよい活動でもそのうちに消えてしまうでしょう。例えば、教育学の研究者と連携して成果をきちんと検証してもらう、コーディネーターどうしのネットワーキングを行う、啓発活動を視野に入れたアーティスト・イン・スクールのフェスティバルを開催する・・・など、いろいろなことが考えられます。これからこの活動がさらに広がり、安定して継続できるよう、知恵を絞っていかなければ、、、と思います。
[PR]
by ide_h | 2008-02-09 22:32 | 子どもとアーティストの出会い

おすすめダンス公演(その2)

ダンサーと音楽家がクリエイションから関わるコラボレーション企画のご案内です。
アーティストどうしがお互いをどう高めあい、どんな作品が生まれたのか・・・必見です。
ダンスはよく見るけど、音楽はあまり・・・音楽は好きだけど、ダンスはあまり・・・という方にも
おすすめの公演です。

DANCE×MUSIC!vol.3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
音楽家と振付家のコラボレーションで新作品を創り出すDANCE×MUSIC!。
vol.1とvol.2の話題作品に引き続き第三弾となる今回の組み合わせは、
<ダンス>鈴木ユキオ × <音楽>辺見康孝
<ダンス>yummydance × <音楽>トウヤマタケオ楽団
です。去る1月、秋吉台国際芸術村と松山にて、クリエイションを行い1月27日
に山口情報芸術センターにて初演を迎えました。

山口での初演をふまえ、3月13日に京都芸術センターで再演を行います。
音楽とダンスのオリジナル作品のクリエイションにどうぞご注目ください!!
詳細は、こちらをご覧ください。
────────────────────────────────────
日  時:2008年3月13日(木) 19:00~(開場18:30)
会  場:京都芸術センター     (〒604-8156京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)
出  演:<ダンス>鈴木ユキオ×<音楽>辺見康孝
     <ダンス>yummydance×<音楽>トウヤマタケオ楽団
料  金:前売一般2000円/前売学生1500円(当日は各500円増)
予約先 :JCDNダンスリザーブ(ダンスオンライン予約サービス)
     JCDN事務局 TEL 075-361-4685 FAX 075-361-6225
            E-mail:jcdn@jcdn.org
販  売:京都芸術センター チケット窓口(10:00‐20:00/直接販売のみ)

================================================

DANCE×MUSIC!【関連フォーラム】「ダンス作品と音楽の新たな関係を探る」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
独自の芸術支援を積極的に続けるアサヒビール芸術文化財団の加藤種男氏、『シ
アターアーツ』『ユリイカ』『舞台芸術』など幅広いダンス批評や執筆活動を行
っている武藤大祐氏によるフォーラムを行います。
────────────────────────────────────
パネリスト:加藤種男(アサヒビール芸術文化財団 事務局長) 
      武藤大祐(美学・ダンス批評)
────────────────────────────────────
加藤種男(かとうたねお)
アサヒビール芸術文化財団 事務局長、及び横浜市芸術文化振興財団専務理事を
兼務。ほかに、企業メセナ協議会研究部会長、日本NPOセンター評議員、文化経
済学会理事などを務める。専門は文化政策、芸術社会論、NPO。
著書に、『社会とアートのえんむすび??つなぎ手たちの実践』(共著)、
『環境経営戦略事典』(共編著)、『新編アーツ・マネジメント』(共著)ほか。

武藤大祐(むとうだいすけ)
美学/ダンス批評。1975年生まれ。01年より『バレエ』『音楽舞踊新聞』
『シアターアーツ』『ユリイカ』『舞台芸術』『Theater der Zeit』(ドイツ)
などに執筆多数。近年は、日常生活とダンスの関係を問い直した60年代アメリ
カのジャドソン教会派や、現在のアジアの新しい動向を研究している。桜美林大
学非常勤講師。
────────────────────────────────────
日  時:2008年3月13日(木) 16:00~(開場15:30)
会  場:京都芸術センター
入場料 :無料
要予約 :JCDN事務局 TEL 075-361-4685 FAX 075-361-6225
            E-mail:jcdn@jcdn.org
主  催:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク
[PR]
by ide_h | 2008-02-08 19:33 | ご案内

おすすめダンス公演(その1)

今年は「踊りに行くぜ!」に1地域も行けなかった・・・と嘆いていたら、
スペシャルがありました。「踊りに行くぜ!」未見の方も、ぜひぜひ!


踊りに行くぜ!!vol.8 SPECIAL IN OSAKA/TOKYO
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2000年に4都市、9組のアーティストからスタートした「踊りに行くぜ!!」
8回目となる今回は、昨年10月から12月にかけて札幌・弘前・仙台・前橋・茅ヶ
崎・静岡・多治見・栗東・淡路島・広島・山口・鳥取・松山・高知・福岡・佐世
保・宮崎・大分・沖縄の全国19都市で開催し、49組のアーティストが出演しま
した。たくさんの素敵なダンスが生まれました。
その中から特に話題になった作品を上演する“スペシャル公演”を今年から東京だ
けではなく大阪でも開催します。カンパニーと海外アーティストが加わり、さら
にパワーアップした「踊りに行くぜ!!」スペシャル公演をお見逃しなく!!
★詳細はこちらから

近々、スタッフの公演準備の様子を日刊でお送りする制作日記(ブログ)を開設
予定!です。また出演アーティストに寄せていただいた応援メッセージをブログ内で紹介しま
すので、お楽しみに。
────────────────────────────────────
■出演:
 KIKIKIKIKIKI  [from京都]  『サカリバ007』
 白舞寺 [from台湾]  『過火 Crossing Fire』
 KENTARO!! [from東京]  『東京で会いましょう』
 プロジェクト大山 [from東京]  『てまえ悶絶~3000円くらいの自己肯定~』
────────────────────────────────────
[大阪公演]
日  時:2008年 3月1日(土) 15:00/19:00開演 -2日(日) 15:00開演
会  場:シアターぷらっつ江坂

[東京公演]
日  時:2008年 3月7日(金) 19:30開演 -8日(土) 14:00/18:30 開演
会  場:アサヒ・アートスクエア

料  金:一般前売 3,000円/当日3,500円 学生 2,500円
     ※学生は前売のみ
     ※その他会員割引チケットあり。未就学児の入場はご遠慮ください。
     ★2月10日まで、お年玉特典ペア割引チケット発売!
     ペア料金:5,000円/2名様 ≪各回10組限定≫
     ※ペアチケットはJCDNダンスオンラインショップのみ取り扱い。
申込先 :JCDNダンスリザーブ(ダンスオンライン予約サービス)
     JCDN事務局 TEL 075-361-4685 FAX 075-361-6225
            E-mail:jcdn@jcdn.org
問合せ先:JCDN TEL 075-361-4685 E-mail jcdn@jcdn.org
主  催:NPO法人 Japan Contemporary Dance Network
[PR]
by ide_h | 2008-02-08 18:56 | ご案内