こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Dance Life Festival2008 開催!

ちょうど1年前、英国に行って、1週間の怒涛のスケジュールで
コミュニティダンスの現場をいろいろと勉強してきました。
いろいろなご縁が実って、今年、そのときにお会いした方々を日本に招き、
教育とアートに関するシンポジウムを開催できることになりました。

英国での1週間で、日本とのあまりの環境・取り組みの差異に愕然として帰国しましたが、
愕然としてばかりではいられない!
少しでも、アクションを起こしていきたいと思います。

====================================================
アートによる教育活動を考えるシンポジウムを京都で開催
Dance Life Festival 2008 シンポジウムⅡ in京都 8月12・13日
日本の教育に必要なこと=生きるために必要なコミュニケーション力と創造力を育てること
―なぜ、教育の中にダンスが必要なのか、英国の取り組みと日本での今後の課題について

====================================================
子どもとアーティストの出会いは、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)、ブリティッシュ・カウンシル等が主催となって開催する、「Dance Life Festival2008」に参加します。コミュニティダンスを日本で確立することを目的に、全国7ヵ所でコミュニティダンスの公演、ワークショップが開催されます。京都では、学校教員・教育関係者を対象にダンスを活用した教育活動について考えるシンポジウムを開催いたします。ダンスによる教育活動を推進してきた英国と日本のゲストを招き、アートによる創造的な教育を実現するために必要なことについて、英国と日本の事例を紹介するとともに、今後の日本でそれらを社会の仕組みとして実現していく方法についてディスカッションします。

■開催日程:2008年8月12日(火) 13:00 –17:00 (開場 12:30)、
13日(水) 13:00 –17:00 (開場 12:30)
■会場:京都芸術センター 講堂(京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546 –2)
■主催:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)、
ブリティッシュ・カウンシル
  共催:京都芸術センター、子どもとアーティストの出会い
■内容:コミュニティダンスの確立を目指して、全国各地でフェスティバルを開催します。京都では、アートによる創造的な教育を実現するために必要なことについて、英国と日本の事例を見ながら考えていきます。
■出演者
パネリスト:
ケン・バートレット(コミュニティダンス財団 クリエイティブディレクター)
フィオナ・ロス(サドラーズウェルズシアター コネクト部門 代表)
クリストファー・バナーマン(ミドルセックス大学ResCen 所長)
堤康彦(NPO法人芸術家と子どもたち 代表)
糸井登(宇治市立菟道第二小学校 教諭)

モデレーター:
井手上春香(子どもとアーティストの出会い 代表)
佐東範一(NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク〈JCDN〉 代表)

■料金:2, 000円(1日のみ)/3,000円(2日間通し)
■問合せ:JCDN事務局 電話:075-361-4685 ファックス:075-361-6225 メール:jcdn@jcdn.org
■チケット取り扱い:JCDNダンスリザーブ http://dance.jcdn.org/、又はJCDN事務局へお申込ください。
■ウェブサイト:http://www.jcdn.org/DLF2008/


【詳細内容】
※両日、日英同時通訳が入ります

■8月12日[火] 13:00 –17:00 (開場 12:30)
一部 13:00–14:00
  コミュニティにおけるダンス―教育現場におけるダンス その関連性
   講師:ケン・バートレット(コミュニティダンス財団 クリエイティブディレクター)
二部 14:15–15:15
  子どもの創造教育を支える地域のアートセンターの役割
   講師:フィオナ・ロス(サドラーズウェルズシアター コネクト部門 代表)
三部 15:30–17:00
  日本の現状と課題
   講師:堤康彦(NPO法人芸術家と子どもたち 代表)、
       糸井登(宇治市立菟道第二小学校 教諭)
(三部終了後、懇親会があります)

■8月13日[水] 13:00 –17:00 (開場 12:30)
四部 13:00–14:15
  継続的に活動していくためには?ファンドレイジングの手法やより良い
  パートナーシップのあり方について
    講師:クリストファー・バナーマン(ミドルセックス大学ResCen 所長)
        ケン・バートレット(コミュニティダンス財団 クリエイティブディレクター)
        フィオナ・ロス(サドラーズウェルズシアター コネクト部門 代表)
五部 14:30–17:00
  日本でのこれからの進め方―ネットワークの可能性について
    ディスカッション

パネリストプロフィール
[PR]
by ide_h | 2008-06-27 21:53 | 子どもとアーティストの出会い

(閑話休題)つぶやき

最近、告知文しか載せていないような気がする・・・と思って、少し日々のつぶやき。

その1、勉強はじめました
夏に開催されるDance Life Festival2008に向けて、真面目に、本気で、いいかげんに、
英語をマスターしなければと思って、人生で何度目かの英語学習にチャレンジしています。
ウィークポイントははっきりしていて、とにかく単語力がない。
というわけで、単語帳を日々持ち歩いて、移動中やら打ち合わせの合間に
ひとつひとつ覚えるという受験生のような地道な日々です・・・。
8月までに、いったい何語覚えられるというのか。
覚えただけで、喋れるようになるというのか。
ぐたぐた言っている暇があったら、あと1語覚えろと自分が言う。

その2、演劇を見ました
第3期エイブルアート・オンステージでお世話になった、宮崎県のこふく劇場さんが
京都のアトリエ劇研で公演をされていたので、先週末、行ってきました。
作品は「水をめぐる」。
ある場所にある泉をめぐって1人の男と3人の女が繰り広げる物語。
お能のような、神楽のような、昔話のような、それでいてエッジの効いた舞台美術に演出、
即興音楽、つぎつぎと繰り出される複雑な世界観・・・
こんな舞台を見たのははじめて。とても素晴らしい作品でした。

その3、イルカを見ました
ひさびさの休日にでかけた久々の水族館で、イルカショーを見ました。
その水族館では、ショーだけでなくイルカの普段の様子も見られる水槽があり、
イルカの日常をすぐ近くで見ることができます。
イルカって、普段から本当に遊び好きで、いっつもオモチャや仲間どうしで
遊んでいるのです。イルカショーのイルカは特訓を受けて「やらされている」のかと思っていましたが、そうでもなくて、彼らは彼らなりに誇りをもって、心から楽しんでやっているのだなあと
(勝手に。イルカに聞いたわけではない。)思いました。
殺伐とした事件や事故が多発した時期だったので、人間もこんな風に、イルカが生活やイルカショーを楽しむみたいに、仕事や生活ができればストレスも人間関係のトラブルもないだろうに・・・と(勝手に。イルカにストレスや人間(イルカ)関係のトラブルがないと聞いたわけではない。)と、現実逃避気味に思いました。

もうすぐ、本格的に夏が来ますね。
[PR]
by ide_h | 2008-06-27 18:38 | 日々

【ご案内】セミナー「子ども(次世代育成型)メセナを考える」

企業メセナ協議会さまより、セミナーのご案内を頂きました。
子どもを対象としたメセナ活動を行う企業の方々が集まり、
レクチャー、事例報告、ディスカッションを行います。
子どもと教育、そして企業との関わりを考えるのに絶好の機会となると思います。
事例報告のうち2つの事例に、子どもとアーティストの出会いが関わっています。

以下、告知文です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               企業メセナ協議会公開セミナー
              
            「子ども(次世代育成型)メセナを考える」
       ~教育現場の最新事情&企業の取り組み事例を知ろう~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年、芸術文化と環境・福祉・教育分野等との“複合型メセナ”が増えています。
特に「次世代育成」は、社会貢献の重点分野に挙げる企業が多く、
芸術文化の特性をいかしたプログラムが、各社各様に展開されています。
本セミナーは、そうした「子ども(次世代育成型)メセナ」がテーマです。

企業ならではの斬新な切り口と資源を活用してこの種のメセナに取り組む
5社の事例発表や、テーマ別のグループディスカッションを通して、
他社の活動の特徴を知り、自社の活動について考えてみませんか?

講師には、教育現場における企業の貢献活動に詳しい藤川大祐先生
(千葉大学教育学部准教授|教育方法学・授業実践開発)をお招きし、
教育現場の最新事情についてうかがいます。

いま、教育現場は何を求めているのか、企業(メセナ)に何ができるのか・・・
今後の活動のヒントになれば幸いです。どうぞ、ふるってご参加ください!

※今回のセミナーで集約した情報をもとに、次世代育成型メセナの最新動向を
 まとめたプレスリリースを、夏休みの時期に合わせて配信予定です。

─────────────────────────────────

■日 時 :2008年6月30日 (月) 17:00~19:30 (受付開始16:40) 
■会 場 :トヨタ自動車東京本社B1Fホール (東京都文京区後楽1-4-18)
■対 象 :企業(関連財団・施設等)の社会貢献・メセナ担当、アートNPO、
       教育関係者、文化機関の教育普及担当他、本テーマに関心のある方
■参加費 :協議会会員…無料/非会員…3000円
■定 員 :100名(定員になり次第締め切ります) 
■内 容 :
17:05~ 藤川大祐氏レクチャー
       「最新教育現場事情、企業メセナに求められていること」
17:35~ 参加企業5社による事例発表
       [予定発表企業:コスモ石油/CSKホールディングス/ソニー/TOA/トヨタ自動車]
18:35~ 3グループに分かれてディスカッション
       [ディスカッションテーマ(予定):広報/芸術団体との協働/教育機関との連携]
19:15~ 各グループのディスカッション内容を報告、まとめ
※講師プロフィール、最新情報は http://www.mecenat.or.jp/にてご覧ください

■申 込:   ※締切 6月25日(水)
件名を「6/30セミナー係」とし、1)企業・団体名、2)〒・住所、3)氏名、
4)E-mail、5)TEL・FAXを mecenat@mecenat.or.jp まで。

■お問合せ:企業メセナ協議会事務局 TEL:03-3213-3397

─────────────────────────────────
※ お申込み時にお送りいただく個人情報は、本件に関する連絡および
今後の当協議会からのご案内に使用させていただきます。
事務局にて厳重に管理し、いかなる第三者にも提供することはありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[PR]
by ide_h | 2008-06-13 22:17

【ご案内】子どもたちが創る舞台公演のお知らせ

めくるめく紙芝居でお世話になっている、介護福祉士のとこさんこと本間知子さんから
子どもたちが創る舞台公演のご案内が届きました。

私は大阪公演を拝見しましたが、
大阪南部にある「狭山池」を舞台に、100年前から現代までと、お話のスケールも大きく、
とにかく熱くエネルギッシュな舞台です。
この時期、沖縄にいらっしゃる方は、ぜひ。

=====================================

「風の声がきこえる。新龍神伝説」沖縄公演
大阪狭山の子どもたちが、さやま池の龍とともにこの夏沖縄へと想いを
届けにいきます!

とき  : 2008年8月9日(土)
ところ : 沖縄県うるま市 きむたかホール
開演  : 昼の部 13:00
      夜の部 18:00

チケット :  全席自由
        大人 2000円  高校生以下 1000円
        (当日券 300円UPになります)

チケット販売開始予定   6月14日から

チケットお申し込みは大阪狭山キジムナーの会
TEL&FAX:072-365-3465 
E-mail:kijimunanokai@yahoo.co.jp

上記連絡先へ
お名前、住所、電話番号、チケットの枚数、昼・夜公演等
お申し込み下さい。


大阪狭山「風の声が聞こえる」公演に寄せて南島詩人の平田大一さん
からメッセージをいただいています。

   「バンザイ!日本一の舞台」

僕が手懸けた舞台「肝高の阿麻和利」に脈打っているメッセージ
「キムタカ」とは、沖縄の古語で「志し高き生き方」という意味
である。海を隔てた大阪・狭山の子ども達の舞台づくりに関わっ
たとき、僕はこの大阪の子達から沖縄の子ども達と同じ熱い想い
を感じ、不思議な感覚になった。「一生懸命は格好いい!」は全
国共通の想いなんだ!と叫びたくなった。舞台「風の声が聞こえる」
は、「台本・楽曲・そして子ども達の本気」どれをとっても、プロ級!
付け加えるなら「笑いのセンス」は日本一である。「龍神」の背に乗
って沖縄と大阪の「平和と文化と歴史をつなぐ自分探しの旅」に、
僕もまた出かけたくなった。                                         演出家/平田大一
[PR]
by ide_h | 2008-06-13 16:47

TOA トライやる・ウィーク

TOA株式会社で行われる、「トライやる・ウィーク コンサート」が今年も無事終了しました。
トライやる・ウィークは、兵庫県の全県事業で、中学2年生が1週間、地域の企業や商店で
社会体験学習を行うもの。TOAには、6月2日から中学生6名がやってきました。
ゲストアーティストにHANA★JOSS(ガムランユニット)を迎え、
インドネシアの伝統音楽「ガムラン」と伝統芸能の影絵「ワヤン」をテーマに、
「島っ子 ワヤン・オペラ」を制作しました。
5日間ではじめて触る楽器を覚え、曲を作り、影絵を作り、ストーリーを作り、
コンサートのチラシづくりや受付などの裏方仕事をし・・・
まさに怒涛の5日間でした。

6日の発表コンサートでは、会場となったジーベックホールに地元の方を中心に
たくさんのお客様にご来場いただき、子どもたちは緊張しながらも、
フレッシュで生き生きしたパフォーマンスを見せてくれました。

5日間子どもたちにかかわっていて、彼らの表情が毎日、のびのび、
生き生きと変化していき、大人も驚くパフォーマンスを作り上げてくれるのは、
毎年ながら感動を覚えます。

TOA トライやる・ウィークの毎日の詳しい様子は、
TOA株式会社のホームページで写真入りでブログがアップされています。
ぜひご覧くださいね。

『社会とともに、TOA』
[PR]
by ide_h | 2008-06-06 20:58 | 子どもとアーティストの出会い