こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドリームコンサート・ファイナル!

宇治市立平盛小学校では、年に1回、「ドリームコンサート」と称して、子どもたちがアーティストと創作活動を行い、最終日には小学校の体育館を会場にしてコンサートを開催するという取り組みを2005年からされてきました。

第1回目から、お手伝い要員として、また観客として、毎年このコンサートを楽しみにしてきました。そこにはたくさんのドラマや葛藤、創造、そして最後には必ずやさしくてあたたかなコンサートがあったからです。今回は5回目にして、そのファイナルコンサート。

アーティストは、野村誠、林加奈、ヒュー・ナンキヴェル。今回対象となった6年生が1年生のときに作った曲をもとに再編し、さらにその過程に1年生も加わるという構成でした。

アーティストのパフォーマンスとこれまでのワークショップの振り返りがあり、
そして今回のテーマの「ひらもり版ホエールトーン・オペラ」がはじまりました。
6年生と1年生がつくった18曲が、ひとつひとつ丁寧に紹介されながら演奏されます。
そのどれもがユニークで、素敵な曲でした。

ラスト、プログラムには「次は、どこへ?」と書かれているだけで、曲もできていないとのこと。
でも1年生に楽器がくばられ、演奏がはじまります。太鼓の前に構える、6年生の女の子。
彼女の合図ではじまるはず・・・が、音楽がはじまっても、1年生がノリノリで演奏しても、
太鼓のバチが動かない。かといって退場することもなく、バチを放すこともなく。
加奈さんが彼女に声をかける。動かない。ピアノによっかかってみる。ヒューさんの演奏を眺める。太鼓をちょっとさわってみる。天井を眺める。そんなことを繰り返している彼女。

そうこうしているうちに、音楽が盛り上がりはじめ、野村さんが紙切れをぶちまけて、一面の花吹雪になり…次の瞬間、彼女と加奈さんのパワフルな太鼓が鳴り響いて、フィナーレ!
ステージで何が起こったのか分からないけど、音が、空気が、彼女の中の何かが、ある瞬間に、動いたのだろうなと思います。

野村さんが最後の挨拶で、「最後の瞬間、未来がテーマだけど過去のことを思った」という趣旨のお話をされました。過去から現在へ、そして未来へ。それらは別個のものではなく、一続きのものであり、体験した人がそこにいて思いがある限り、過去へも未来へも行き来できるんだ、と思いました。

『未来は高みへ、過去は深みへと開かれている』
小川洋子の小説にあった言葉を思い出しました。

最後の挨拶で、糸井先生が「ドリームコンサートには第0回があり、それは音楽室で、20名ほどではじまった。いつか体育館をいっぱいにしたいと思っていた」というお話をされました。
だれもがそこにいて楽しめる、あたたかで楽しいコンサートをつくることは、本当はとても難しい。でも、平盛小のドリームコンサートは、そのことを1度もあきらめず、つくりあげてこられた。すごいことだと思います。

平盛小のみなさん、糸井さん、アーティストのみなさん、本当にお疲れさまでした!
[PR]
by ide_h | 2009-01-26 16:52

チャンゴワークショップ 2日目

翌日。

コウ氏自作の奏法解説書(楽譜)を読みながら、会場へ向う。
電車の中でちょっと練習してみるが、焼け石に水だろう。
隣に座った子どもが、不思議そうに手元を覗き込む。

さて、2日目スタート。
今日は、「クッコリ」という曲。
昨日を上回る複雑さで、できるようになるのはもうあきらめて、
とにかく、リズムと演奏の雰囲気を楽しむことに。
4時間かけてとりあえず全曲とおして、できないなりに、十足感にひたる。

2日間かけてやってみて、チャンゴはロックだなあと、
そして誤解を恐れずに言えばチャンゴは「変態※」であるなあと思う。
(※音楽の世界では、大変な超絶技巧、求道心の果てにできたものを敬意と賞賛をこめて「変態」とよぶらしい)

そして、集団でやる音楽の魅力。
チャンゴは、指揮者がいない。キーとなる音はあるが、基本的には
メンバーの息遣いを聴いて、それに合わせてスピードや打法を次々に変化させていく。
できないなりに、一緒に受けたみなさんの音を感じて、とても心地よかったのでした。

テンポよく、基本からマニアックなところまでチャンゴの素晴らしさを
丁寧に教えてくださったコウさん、
ど素人の乱入にも嫌な顔ひとつせず、いろいろとアドバイスやサポートをしてくださった
メンバーのみなさん、ありがとうございました!

練習の合間に、同じ建物で高校生たちが「サルムノリ」を練習しているので、
ちょっと見学させてもらう。
その演奏技術、ダンス、パフォーマンス力は、信じられないくらい素晴らしいものでした。
発表会を簡単に超越して、そのクオリティは世界レベル。衝撃でした。

終了後は、近くの韓国料理屋で打ち上げ。
お腹が空いてへとへとになったメンバーは、値段も見ずに食べたいものを注文しまくる。
まだ動いてる蛸の刺身、チャプチェ、トッポギ、チジミ、海鮮鍋、あわび粥・・・を堪能する。
お会計の段になって我に返り、一同青くなるが、請求された額は
「これでええの?まじで?」という金額で、(たぶん、いっぱいサービスをしてくれた)、
素晴らしい音楽と素晴らしい料理で、脳みそから幸せがあふれそうになったのでした。
[PR]
by ide_h | 2009-01-19 15:59 | アート

チャンゴワークショップ 1日目

週末の2日間、大阪でチャンゴのワークショップを受けてきました。
講師は、SANTAのコウ・キョンボン氏。
一昨年、アサヒ・アート・フェスティバルの企画で、
「サタデー・チャンゴ・フィーバー」でチャンゴの演奏を聴いてから、
一度体験してみたいと思っていたので。

とはいえチャンゴどころか、打楽器の演奏経験も皆無。ついでに音楽センスはもっとない・・・
ということで、ヒジョーに不安でしたが、
不安に思う余裕すらない刺激的で楽しいワークショップでした。

今回受けたのは、「タスリム」「チャジンモリ」「クッコリ」という三曲。
いずれも、30年前に伝統のリズムをもとに作られた曲とのこと。

まずは基本姿勢とチャンゴの取り扱い方から。
チャンゴは、真ん中にくびれがある太鼓で、左が大きく低い音、右が小さく高い音が出ます。
それぞれ、長短(チャン・ダン)と覚えて、チェというバチで叩きます。
左が「ク(クン)」で、右が「キ」と「タ」。両方いっぺんに打つのは「ド」。
これらをあわせて、「ク・キ・ド・ク・タ・ド」というように、音でリズムを覚えていくのですが、
これが、でーきーなーいー!
頭では分かっている(はず)なのに、手がまったくついていかず。

30分ほど基礎をやったのち、「タスリム」にチャレンジ。
何とかついていける(気がする)…かなと思っていましたが、
リズムが複雑になる「チャジンモリ」で完全にアウト。
とくに憧れていた「ヨンサンカラク」(左手で長を打ち、すぐに短を打つ奏法)にいたっては、
手が届かない・・・という始末で。

コウさんから「できんと思うからできんのや~!」という激が飛びますが、
無理、むりです・・・!

「チャジンモリ」で脳みそが飽和状態になりつつ、一日目終了。
ワークショップのメンバーのみなさんでごはんに行き、鍋を堪能。

「1日目は飽和状態でも翌日になれば脳が勝手に整理して分かるようになる」という
無茶苦茶な教えにすがりつつ、京都に戻ってばったり眠る。
[PR]
by ide_h | 2009-01-19 15:40 | アート

日経新聞に掲載されました

あっという間に月の半ばを過ぎて、お正月が遠くなりました・・・。
そろそろ次年度の企画に向けて、地味に忙しくなりはじめています。

さて、本日の日経新聞の夕刊に、
「ダンスで理科を学ぼう」の記事が掲載されました。
当事務所にお越しいただいて、取材いただいたものです。
授業が終了してもこうして掲載して頂けると、とても嬉しいです。
今年度の授業については、千葉大学教育学部藤川研究室が論文を執筆して下さっています。
このプログラムは、ぜひ継続していきたく、今後も尽力していきます!

日経新聞
ダンスで深める理科教育
[PR]
by ide_h | 2009-01-15 20:27 | 子どもとアーティストの出会い

コミュニティアートの調査

大阪市立大学都市研究プラザ・セミナー&アートNPOリンク井戸端会議
共同開催「コミュニティアートと都市政策」に参加しました。

英国の文化政策研究者であるフランソワ・マタラッソ氏による、英国におけるコミュニティアートの取り組みと、地域調査の手法、ならびに政策立案に向けたアドボカシー活動の手法などについてのお話でした。

マタラッソ氏のお話の中で、コミュ二ティアートが普及していくためには、
それに対する市民の判断方法も普及していくべきという意見があり、ふかーく同意したり、
調査を行うことや調査結果をまとめることは大事だが、
それ以上に現場のパワーが大事(調査結果を関係者に送りつけるだけでなく、
関与者に現場を見てもらうことが先)ということにハッとさせられたり、
良いリサーチとは事業の成功・失敗も含めて検証し、
そこから議論を展開していくものであるというお話に目指すべき方向性が見えたり、
いろいろ勉強になってあっという間に2時間が過ぎてしまいました。

マタラッソ氏ご自身がアーティストとしての活動や刑務所や教育現場、福祉の現場での活動を経てリサーチャーになられた方で、そのレクチャーの随所に現場の視点、
調査の利点と問題点がリアルに盛り込まれており、
プロジェクトのエヴァリュエーションやエビデンスについて、ともすれば
調査目的でなく説得材料として活用しようとしていた考えていたことにも気付かされ、
あらためて自分の立ち位置を見直すこともできました。

「調査は、誠意をもって、正直に行わなければならない」

自身の活動に調査を生かそうとしている以上、
その真意をしっかりと理解して進めなければいけませんね。
[PR]
by ide_h | 2009-01-13 23:30 | アート

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年は、大きな一歩を踏み出した年でした。
今年は、その踏み出した一歩を、着実に次の一歩につなげていきたいと思います。

みなさまにとって良い年になりますようお祈りいたします。



井手上春香
[PR]
by ide_h | 2009-01-01 15:24 | 子どもとアーティストの出会い