こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【セミナー】アウトリーチとインリーチ――いのちの現場に向かうアートの可能性

たんぽぽの家より、セミナーのご案内をいただきましたので、ご紹介します。
まだ定員に空きがあるそうですので、ぜひ。

・・・・・

【「臨床するアート」 奈良セッションのご案内】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アウトリーチとインリーチ――いのちの現場に向かうアートの可能性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年、医療や福祉などのケアの現場や地域コミュニティにアーティストを
派遣するアウトリーチ活動がさかんになっています。一方、公共文化施設
において、多様な人を招きいれるためにもインリーチを充実させていくこ
とも必要です。
本セミナーでは、ケアの現場や地域コミュニティにおいて、また公共文化
施設においてどのようにアートの循環をつくっていくことができるか、そ
してそこから公共圏のなかのアートの可能性について考えたいと思います。

■詳細のプログラムはこちらから↓
http://popo.or.jp/info/2011/02/post-33.html
─────────────────────────────────
■日時:2月19日(土)13:30〜17:30
2月20日(日)10:00〜17:00

■会場:たんぽぽの家アートセンターHANA(奈良市)
http://popo.or.jp/access/

■定員:各日80人(先着順、定員に達し次第、締切となります)
─────────────────────────────────
■プログラム/2月19日(土)

□講演「アウトリーチはソーシャルマーケティング」
衛紀生/可児市文化創造センター館長兼劇場総監督

□事例報告&ディスカッション
「小児病棟がミュージアムになる」
丹後幾子/大阪市立大学医学部付属病院看護部副部長
神田美子/京都大学医学部付属病院小児科ボランティアグループ
「にこにこトマト」代表
西澤真樹子/大阪市立自然史博物館を拠点としたサークル
「なにわホネホネ団」 団長
コーディネータ
高橋真理子/山梨県立科学館主任学芸主事、山梨県立大学非常勤講師

交流会(事前にお申し込みください)
─────────────────────────────────
■プログラム/2月20日(日)

□事例報告&ディスカッション
「ケアに役立つ!?――ダンサーはなぜ福祉施設に向かうのか」
佐久間新/舞踊家
砂連尾理/ダンサー・振付家
細川鉄平/祥の郷施設長
コーディネータ
西川 勝/大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任教授

昼食(HANAランチをお申し込みいただけます)

□事例報告&ディスカッション
「公共施設の公共性をどう高めるか――文化施設のアクセシビリティ」
梅田亜由美/女子美術大学美術館学芸員
八巻寿文/せんだい演劇工房10-BOX二代目工房長
渡邉和貴/埼玉県福祉部障害者福祉推進課障害者芸術・文化担当主査
コーディネータ
太田好泰/エイブル・アート・ジャパン事務局長
─────────────────────────────────
■参加費(資料代・税込み):
一般 両日参加5,000円/部分参加(1日のみ)3,000円
学生・メンター会員 両日参加3,000円/部分参加(1日のみ)2,000円

■お申込みはこちらから
http://popo.or.jp/info/2011/02/post-33.html

■お問い合わせ
〒630-8044奈良市六条西3-25-4 財団法人たんぽぽの家内
TEL 0742-43-7055 FAX 0742-49-5501

■主催:財団法人たんぽぽの家
■協力:アートミーツケア学会 エイブル・アート・ジャパン
[PR]
by ide_h | 2011-01-24 20:19 | ご案内

第83回京都CSR研究会「NPOと企業のパートナーシップ ―次世代育成活動を中心に―」

企業や自治体が取り組んでいるCSR活動について、
意見を出し合い、CSRの有るべき姿について意見交換をする、「京都CSR研究会」。
この研究会のメインスピーカーとして、発表をさせて頂くことになりました。

今回は当団体の活動紹介をはじめ、2009年度より協働させて頂いている
日本写真印刷株式会社(所在地:京都市)のCSR部ご担当の松田さまとの対談も交え、
NPOと企業とのパートナーシップの在り方について、これまでの活動実績をもとにお話いたします。

以下、ご案内です。
-------------------------------------------------------------------------------------------

第83回京都CSR研究会

日時:1月28日(金) 18時15分頃受付開始
              18時30分より本会スタート

場所:キャンパスプラザ京都 2階第2会議室

18時45分~20時30分:「NPOと企業のパートナーシップ ―次世代育成活動を中心に―」
                NPO法人子どもとアーティストの出会い
                      理事長 井手上春香
                 日本写真印刷株式会社
                      CSR部 松田 健二
              
20時30分~21時:「心のそしな」活動について
               NPO法人アクセス―共生社会をめざす地球市民の会
                      理事 河西 実
           
           同志社ビジネススクール・CSR研究会主催
               「第4回ステークホルダーダイアログ」のご案内 

参加費:500円(受付にてお支払いください。)

・申し込み方法について
下記のアドレスにアクセスしていただき、必要事項をご入力の上、送信してください。
こちらから、申し込み確認メールを送信させていただきます。

研究会参加申込フォーム(携帯からも申込可能です。)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f87f705f103768
[PR]
by ide_h | 2011-01-18 21:41 | 子どもとアーティストの出会い

【フォーラム】社会貢献活動のこれまでとこれから ―企業・NPO・学校、三者連携による次世代育成―

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【フォーラム】社会貢献活動のこれまでとこれから
―企業・NPO・学校、三者連携による次世代育成―

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

次代を担う子どもたちの育成は、地域社会が協力して取り組むべき課題です。
近年、企業の社会貢献活動において、地域社会の子どもたちを対象とした活動が増加しています。
学校を核とし、地域資源としての企業、そして繋ぎ手である市民活動・NPOが連携
し、地域に根ざした「多様な学びの機会」を開発していくことは、
豊かで多様な文化が共存する社会を構築する上で必要不可欠なことです。
今回は1998年から次世代育成活動を行い、「メセナアワード2010 文化庁長官賞」を
受賞したTOA株式会社の事例をモデルケースとし、
社会貢献活動について考えるとともに、その意義や課題について議論します。

■日時  2011年2月5日(土) 13:00開場 13:30~17:00 (交流会:17:30~)
■場所  芝川ビル モダンテラス(御堂筋線・「淀屋橋」駅から徒歩1分)
      http://shibakawa-bld.net/access/access.html
■参加費 フォーラム参加費 1,000円
      交流会参加費 2,000円

■プログラム
13:30 開会
13:40 事例報告 「TOA Meet!Musuc!Concept」について
14:00 【1部】パネルディスカッション「企業とNPOと学校の連携について」

      「TOA Meet!Musuc!Concept」に関わる企業・学校・NPOが、
      それぞれの立場から本活動への関わり方を紹介し、
      今後必要な視点・連携の方法についてディスカッションします。

      パネリスト  吉村真也(TOA株式会社 広報室)
              山本智尋(神戸市立港島中学校 教員)
               井手上春香(NPO法人子どもとアーティストの出会い 理事長)
    司会進行 神崎英徳(株式会社PRリンク 代表取締役)

15:50 【2部】ラウンドテーブル「三者連携における各セクターの意義と課題」

   企業・NPO・学校が連携していくには何が必要でしょうか?
  パネルディスカッションでの話題・課題を、各立場から深め、
  参加者の皆様とともに議論を深めます。

テーブルA「企業の立場から」ホスト:吉村真也(TOA株式会社 広報室)
テーブルB「NPOの立場から」ホスト:井手上春香(NPO法人子どもとアーティストの出会い 理事長)
     テーブルC「学校の立場から」 ホスト:山本智尋(神戸市立港島中学校 教員)

17:00 閉会
17:30 交流会+「メセナアワード2010 文化庁長官賞」受賞記念祝賀会
(「TOA Meet!Musuc!Concept」参加アーティストによるパフォーマンスがあります)

■参加方法
参加ご希望の方は、お名前/連絡先(メールアドレス・電話番号)/ご所属/参加人数を
ご明記の上、info@npo-kad.comまでお送り下さい。
お申し込み受領後、折り返しご連絡致します。

■お申込・お問い合わせ
NPO法人子どもとアーティストの出会い
e-mail:info@npo-kad.com
tel:090-6731-8598(井手上)

主催:NPO法人子どもとアーティストの出会い http://www.npo-kad.com/
共催:株式会社PRリンク http://www.prlink.co.jp/
協力:神戸市立港島中学校 協賛:TOA株式会社

※本フォーラムは、TOA株式会社「メセナアワード2010 文化庁長官賞」受賞記念と
して開催されます。
[PR]
by ide_h | 2011-01-13 19:30 | 子どもとアーティストの出会い

ご寄付の御礼~みなさま、ありがとうございました!~

昨年12月に、大澤寅雄さんが寄付サイトJust Giving Japanで、当団体に対する寄付の呼びかけをして下さいました。

JustGivingは、インターネットを活用したファンドレイジング・ツールです。世の中を変えたい誰かが支援したいNPOを選び、まわりの人から寄付を集めることができます。
例えば大澤さんの場合は、「畑で作った野菜を届けます!」というチャレンジを宣言し、その宣言を「応援」することで寄付が集まり、最終的には選んだNPOにその寄付がまとまって届けられるというシステムです。

結果的に、1ヶ月あまりで、10名の方が賛同して下さり、目標額を達成いたしました。大澤さん、応援して下さった皆様に、この場で厚くお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

また、一昨年設立しました「子どもとアーティストの出会い サポートファンド」にもさまざまな方からご寄付を頂いております。重ねて御礼申し上げます。

おりしも現在、寄付税制の改正や認定NPO法人の制度改正があり、さらには日本初の「寄付白書」が発行されるなど、寄付についての大きな動きがあります。
時を同じくして、メディアを賑わせている「伊達直人のランドセル」をはじめとする寄付運動がブームになっており、「日本には寄付文化がない」という言説を吹き飛ばすような勢いを感じております。

同時に、頂いた寄付をきちんと活用し、ご期待に応えられるよう、襟を正す思いです。
みなさまから頂いたものはお金だけでなく、「意志」であり「思い」であると思っております。
これからも子どもたちのため、アートのために尽力して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

【参考URL】
●Just Giving Japan:畑でつくった野菜を「子どもとアーティストの出会い」に届けます!
http://justgiving.jp/c/974

●「子どもとアーティストの出会い サポートファンド」
http://www.npo-kad.com/supportfund/
[PR]
by ide_h | 2011-01-12 14:16 | 子どもとアーティストの出会い

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年はうさぎ年なので、ぴょんと跳ねてステップアップ・・・といきたいところですが、
これまでやってきたことをじっくり振り返り、足元を固め、
地道ながらも確かな成果が出せるようにしていきたいと考えております。

とても嬉しいことに、いくつかの新しいプロジェクトのお話も頂いており、
今年は新しい展開もしていけるかと思います。

みなさまにとって良い年になりますように!

井手上春香
[PR]
by ide_h | 2011-01-05 17:48 | 子どもとアーティストの出会い