人気ブログランキング |

こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

2006年 08月 12日 ( 1 )

しでかしてくれたカラダ

c0083468_12124060.jpg
ダンス公演「しでかすカラダ」を手伝いに、
生野カトリック教会にでかけていく。

11時からスタッフミーティング。
今回は出演者にもお客さんにも障害のある方が多いので、
そのあたりも勘案しながら進行の打合せ。
その後、会場の準備にはいる。

私は、看板を設置したり、受付の準備をしたり。
写真は表看板。花と緑がいっぱいの美しい教会に
手描きの素朴な旗が似合っていた。

お弁当を頂いたらすぐ受付開始。
お客さんの到着が早い。開演30分前に、すでに20名ほど到着しておられる。
お客さんは、出演者のご家族・ご友人、ご年配のダンスファンのご婦人、
コンテンポラリーダンス・ファンなど、さまざま。

会場は40名を越すといっぱいになってしまう上、
今回の公演は、演目ごとに客席移動が必要のなで、大変そうだ。

14時、開演。

●森川万葉「ゆらりゆらり」 (音楽:山本雅史)
真っ白でふわふわのワンピースに身を包んだ森川さん(視覚・知的障害あり)が
手を引かれて舞台に登場し、レタスを一玉渡される。
音楽がはじまり、それにあわせてカラダを揺らしはじめ…
手に持ったレタスを、顔をつけてバリバリ食べはじめた。
音楽にのったまま、とってもおいしそうに。
可愛らしさと野性味のギャップに、唖然。

●藤井陽子「地平線」
「月の砂漠をはるばると・・・」の曲にあわせて、座ったまま、踊る。
美しく手を動かしたり、ばたばたおきあがろうとしたり。
最後は両手両足をつっぱって床を転がり、立ち、
床にうつぶせに倒れる。藤井さんは、全盲。

藤井さんのパフォーマンスが終わった後、お客さんは
会場の中の好きな場所に、好きなように座るよう誘導される。

●藤原理恵子「Panel Remove!」
突然、会場の小窓が開き、ポップな音楽とともに
ショキングピンクのお尻が!お尻→足→体と順番にずりずりっと出てきて、
こんどはスパイダーマンさながら会場の壁にぶらさがる。
スタッと観客の間に着地して、お客に絡んで大騒ぎ。
裏口から出てったと思ったら今度は外の窓から侵入!さらに客に絡む。
日焼けした細い体にショッキングピンクのパンツとキャミソール、
水中眼鏡に金髪がのいでたちがすごくキュートだった。
藤原さんはダンサーでヘルパーの40代の女性。

●中島由美子「花」
会場は野外に移り、ワンピースを着た中島さんが花を持って登場。
止まったり、動いたり。で、走ってどこかへ行ってしまった。
・・・戻ってこないと思ったら客席に駆け寄ってきて、花を振り回して壊してしまう。
2回目の夜公演も見たが、昼より夜のほうが凶暴さが際立って、断然良かった。
中島さんは健常者。ダンサーとして時々踊っているとのこと。

●橘安純「箱男」
橘さんは、公園でダンボールの家に住んでいる56歳のおっちゃん。
ダンボール箱に穴を開けたもの(正面には“箱男”と墨書)をかぶり、頭と手足を出す。
ちなみに肩にはアルミ缶マラカスが装着されている。
よく響くいい声で、野宿生活から生まれた詩を朗読。
そして激しく暴れまわり、「箱男」の詩に合わせた歌とダンス。
パフォーマンスもすごいが、詩もすごい。
ちなみに、物販で扱っていた彼の詩集(手書き、コピー、ホッチキス止め)は
即日完売でした。

●吉田一光「わたしのあそび」 (音楽:山本雅史)
一番感動したダンス。
子どもの頃の遊び(キャッチボール、まりつき、犬のまね、将棋さし・・・)を、
その場からはあまり動かず、しずかに進めていく。
衣装は、上品な桃色のワイシャツに、グレーのスラックス。
山本さんの音楽がまたよくて、なんだかじーんとしてしまった。
なお、吉田さんは全盲。まだ目が見えていた子どもの頃、
見た風景や動きを思い起こして、再現していたのだと思う。

約1時間半、どれも訴える力の強いパフォーマンスだった。
彼らの表現や身体性にとても可能性を感じた。
もっともっとその先を見たいと思った。

・・・

今日のパンフレットは3種類。
普通のものと、視覚障害者用の詳しい解説があるもの(動きや小道具、
衣装などが表記されており、ガイドが読んで聞かせてあげる)と、点字のもの。

点字のパンフレットは、吉田一光さんが作ったそうだ。
「めくるめく紙芝居」で、障害者が行うアートマネージメントについて、
その具体的な方法が掴めずにいたが、ここでそのヒントをもらった。
たとえば、視覚障害者のためのパンフレットを視覚障害者がつくること。
聴覚障害者のための受付案内を、聴覚障害者が手話で対応すること。
やはり障害者の能力は、アートマネージメントの現場で生きる・・・!

終了後は、みんなで打ち上げ。
記念写真を撮った後、21時に失礼する。
そのまま、大阪の実家に帰って、明日からはお盆休み!
by ide_h | 2006-08-12 23:52 | アート