人気ブログランキング |

こども、アート、日々。

ideh.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:めくるめく紙芝居( 73 )

ありがとうございました!

めくるめく紙芝居公演「京都 プチ山 うさぎ事件簿」が、
3月30日、大盛況のうちに終了いたしました。

雨が降るなか、約100名のお客さまにご来場いただきました。
花冷えでじゅうぶんな暖房も用意できず、またお席が足りず
立ち見になってしまった方、申し訳ございませんでした。

足元の悪いなかお出かけくださった方、
遠方からわざわざお越しいただいた方、
お子さんを連れてご家族で来てくださった方、
昨年度の公演をご覧頂いてまたお越しくださった方、
どうもありがとうございました!

出演者・スタッフ一同、ゆるゆるペースではありますが、
それぞれが精一杯にそのよさや面白さを発揮し、
みなさんとともに心から楽しんだ公演でした。

ご支援いただいた方、ご協力いただいた方に、
あらためて御礼申し上げます。

今後とも、めくるめく紙芝居をよろしくお願いいたします。

それでは次のエントリーから、本番前日と本番のレポートです。
by ide_h | 2008-03-30 20:10 | めくるめく紙芝居

いよいよ今週末!

「めくるめく紙芝居~京都 プチ山 うさぎ事件簿~」が、
いよいよ今週末に開催されます。

スタッフたちのがんばりで、
当日パンフレットやアンケートの準備、
自由に見て頂ける活動記録冊子の準備も終わりました。

今日は、スタッフが集まって最後のミーティング。
ストーリーを精査したり、時間配分を決めたり、
役割分担をしたり、足りない絵を描き足したり。
今回は巻物状の紙芝居なので、巻きすすめるタイミングが大変。
でも、ひとつひとつの絵が素敵。
さらに、それが巨大で、しかもストーリーにあわせて動くのがなかなか楽しいです。
本番、上手く巻いていけるように、いろんな裏技を仕込みました。

約4時間かかって、ひととおりの作業終了。
公演2日前なんて、緊張と時間との戦いで誰しもシビアになるものですが、
めくるめくのメンバーはお菓子を食べたり、歌を歌ったり、
手は動かしつつリラックスムード。素敵です。

明日は朝から最終準備とリハーサル。
そして、いよいよ本番!
みなさま、ぜひご来場ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
めくるめく紙芝居公演
「京都 プチ山 うさぎ事件簿  宇宙行ってきたんじゃな~い?みんな楽しいんじゃな~い?めくるめくんじゃな~い?」
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●とき:2008年3月30日(日) 午後3時 ※開場は開演の30分前
●ところ:東御坊(山科別院長福寺)本堂
       住所:京都市山科区竹鼻サイカシ町13-17 
       アクセス:京阪・地下鉄・JR山科駅から徒歩10分
●料金:投げ銭制
●出演者:伊藤泰三、井手上春香、小笠香澄、櫛谷花子、小暮宣雄、近藤柚子、西森一生、
      中島正光、冨田春菜、長谷川峻也、平井綾、古川貴光、村岡俊和、安田知史、
      安田良行、吉田綾、吉村真也、渡邉あい子 ほか、めくるめく紙芝居ワークショップ参加者
      (出演者は変更になる可能性があります)
●ゲストアーティスト:林加奈(画家・音楽家)、HANA★JOSS(ジャワガムランユニット)、
     山下残(振付家・演出家)、井上信太(美術家)

●問合せ先
 めくるめく紙芝居実行委員会(担当:いでがみ)
 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
 Tel.090-6731-8598、FAX 075-231-8607、e-mail.idegami@arts-staff.net

【主催】めくるめく紙芝居実行委員会 
【共催】京都市山科青少年活動センター 
【助成】財団法人アサヒビール芸術文化財団、財団法人大阪コミュニティ財団、
    京都新聞社会福祉事業団、松下電器ハートフルメセナ基金
【特別協賛】アサヒビール株式会社
【協力】京都橘大学(小暮宣雄研究室、たちばなアーツマネジメント研究会)、
    子どもとアーティストの出会い、真宗大谷派(東本願寺)山科別院、NPO法人わくわく
【後援】京都新聞社会福祉事業団、社会福祉法人京都市山科区社会福祉協議会

More
by ide_h | 2008-03-28 18:28 | めくるめく紙芝居

めくるめく紙芝居ワークショップ

めくるめく紙芝居ワークショップ、今日のゲストは美術家の井上信太さん。
みんなが体操をしたり歌の練習をしている間にも、
信太さんは外でなにやらギコギコ・・・。
公演で出てくる、ある舞台美術をつくっていました。
メンバーのNくんのリクエストで制作されたあるものです。

今日は、そのセットに貼り付ける絵を描きます。
大きな模造紙一枚に、思い思いの絵や看板を書くメンバー。
セットにはさらに鈴や懐中電灯が取り付けられ、どんどんそれらしくなってきます。
さて、これは一体なんでしょう・・・?ぜひ、公演でお確かめくださいね。

ワークショップが終わってから、大阪に「たゆたう」さんのライブに行きました。
「たゆたう」という名前どおり、
ゆるやかで、のびやかで、おもいっきりリラックスできる音楽。

さて、楽しい日々もそろそろ終盤。
来週からは、忙しくなります。
by ide_h | 2008-03-02 23:55 | めくるめく紙芝居

めくるめく紙芝居ワークショップ

今日は、まずは17時から中会議室で、
今年の公演チラシについてのミーティングをしました。
メックらしく、会議室の床に車座になって、ゆるーいミーティング。

まずは、チラシに入れたい言葉をみんなから募ります。
いわゆるチラシのボディ・リードにあたる部分ですが、

「疲れたときには、これですよ」
「謎は、謎のまま…」
「忘れたくても忘れられないのに、思い出したくても思い出せないことがある」

・・・など、面白い言葉が出てきます。
なるべく、メックらしく、分けの分からないままの面白さをどうやって伝えるか…?
が勝負。こんなんで、リード文ができるのか?という声も聞こえてきそうですが、
大丈夫、ちゃんとできるんです、これが。

思えばちゃんと制作関係のミーティングをしてなかったので、
こういう風に、「みんなで考える」時間をもつことが、実はとっても大事。
いい感じで進んだので、次回からも機を見てこの制作ミーティングはやっていきたいです。

18時からは場所をスポーツ室に移して、
ここからは今日のゲスト、美術家の井上信太さんのワークショップ。
とはいえ、信太さんはいろいろ準備もあるので、
みんなでまずは事故防止のための準備体操としてラジオ体操を。
記憶をたよりに、今日は第2体操の途中まで行きました。

その後、新作のためのテーマソングの練習。
HANA★JOSSさんとヨッシーさんが音楽を担当してくれて、
みんなで練習。歌詞カードもないので、がんばって覚えます。

いよいよ信太さんの準備が整ったので、
みんなで作業にとりかかります。
どうやら今回は、透明ゴミ袋で巨大な人形をつくり、
その中で、人が踊るという設定らしい。

まずは、ゴミ袋をみんなでつなぎ合わせて、大きな袋をつくります。顔もつくります。
後ろでは、音楽をやっていたり、絵を描いていたり、相変わらずマイペースなメンバー。
c0083468_22313358.jpg

ようやく形になったら、布団乾燥機であたたかい空気を送り込み、
ゴミ袋バルーンをふくらませます。予想以上に、大きい。
c0083468_22344558.jpg

キュートなような、怖いような、顔にもちゃんと空気が入りました。
c0083468_22371218.jpg

次回は、このゴミ袋バルーン人形をつかって、
ダンサーの山下残さんがワークショップをしてくださる予定です。
次に信太さんが来られたときは、電車が大好きなNくんのアイデアで、
段ボールで電車をつくることも約束されました。
本番は、この電車が会場を走るアイデア。楽しみ!
by ide_h | 2008-01-26 22:19 | めくるめく紙芝居

アサヒ・アート・フェスティバル2007 報告会その2

アサヒ・アート・フェスティバル2007 報告会2日目。
午前中は、テーマ別に分かれて話あうラウンドテーブルでした。
私は、「人材育成」がテーマのグループに参加。
「人材」といっても、常勤、非常勤、アルバイト、インターン、ボランティア・・・
NPOやアートプロジェクトにはさまざまな人がさまざまな形で関わっているので、
人材育成に必要ないくつもの要素は複雑に絡み合っていてとても難しい。

約90分間話し合った結果、
最終的には、団体の「組織計画」が必要という結論に落ち着きました。
また、学生さんからはアートマネージメントを理論で学ぶだけでなく、
もっと現場で学びたい、だからそのための情報をもっと得られるようにしてほしい、
という力強い意見も頂き、嬉しく思いました。

午後はAAF2007の総括と今後の展望についてのディスカッション。
今年は学生さんの参加が多かったらしく、
学生の力をアートプロジェクトに生かしていきたいという
積極的な提案がありました。

アートプロジェクトが次に生かされていくため、
また将来さらなる革新を遂げるため、
このバトンが繋がっていけばいいですね。
by ide_h | 2007-11-03 14:57 | めくるめく紙芝居

アサヒ・アート・フェスティバル2007 報告会その1

アサヒ・アートフェスティバル2007の報告会に行きました。
初日は、全国の参加団体がプレゼンブースを出展して、
お客さんが自由に各プロジェクトを見てまわれるようになっています。

我々「めくるめく紙芝居2007」はワークショップのビデオと、
チラシ、活動ファイルをセッティング。
メンバーのHちゃんとYさんがお客様に一生懸命プレゼンしてくれました。

合間合間に、AAF2007全体のプレゼンテーションや、
パネルディスカッション、全国AAFツアーがあったり。
2階にはバーが用意されていて、プレゼンに疲れると
そこで休憩できるように工夫されていて、なんだかAAFらしい。

13時にオープンして、19時半まで。
長丁場で大変でしたが、パネルディスカッションもおもしろく、
眠気に負けることがありませんでした。

終了後は、恒例の宴会へ。
会場ではあまりゆっくり話せなかった、話してみたかった方と
ビールを飲み交わしながら、四方山話と真面目な話をたくさんすることができました。
by ide_h | 2007-11-02 14:46 | めくるめく紙芝居

めくるめく紙芝居ミーティング

めくるめく紙芝居のミーティングのため、林加奈さんのお宅へ。
お昼に集まって、まずはみんなで昼食のそうめんを食べる。
4人で6人分を完食してしまいました・・・おそるべき食欲たち。

今日のミーティングでは、過去3回分のビデオを見直し、
これまでの内容の整理と今後の方向性の検討をするのが目的。
90分×3本、途中休憩も入れて5時間ほど見続ける。
しかしおなかいっぱい食事をした後なので、眠くてみんな、こっくりこっくり。
とはいえ、なんとかミーティングを終えました。
ビデオを見返すと、あらためていろんな発見があるので、
この作業は定期的に行う必要がありそう。
でも今度は食後はやめておこう。
by ide_h | 2007-08-23 23:27 | めくるめく紙芝居

めくるめく紙芝居ワークショップ

めくるめく紙芝居ワークショップ3回目。
今日は大会議室が取れなかったので、料理室で。
山科も、暑い。
暑すぎて、30分ほど、ゆるゆると涼みながら準備を進める。
料理室の半分に絵の準備を、半分に楽器の準備をして、
いつものように、やりたいものをやりたいように取り掛かる。
私はJちゃんとお絵かき。昔の絵ごころをひっぱりだしてきて、
仏画を描いてみる。そのスペースだけ、いろんな顔・顔・顔になる。
Aさんのドライヤー係りも板についてきた。ずっと、ドライヤーで絵を乾かしてくれる。
音楽は、キーボードに入っているリズムパターンを流す。
そこに林さんが音をかぶせたり。
スタッフのYちゃんがバカンスのような服を着ていたので、
「バカンス」をテーマに、踊る踊る。
その勢いのまま、おやつ。
そしてみんなで片付けて終了。

終わったあと、近くの喫茶店で軽くスタッフミーティング。
見学にきてくれていた大学生の女の子の進路相談に乗る。

その後、前回のMEKでケアスタッフとしてお世話になっていた
とこさんが京都に来られているとのことで、
野村誠さん、林加奈さんと銀閣寺の近くのフレンチで晩御飯。
エイブルアートの話など。とこさんは福祉施設で働いておられるので、
問題意識の着眼点がより具体的で、勉強になる。
店を出たら、雨と雷。
by ide_h | 2007-08-19 23:14 | めくるめく紙芝居

めくるめく紙芝居ワークショップin太陽クラブ例会

めくるめく紙芝居のワークショップ2回目。
昼間に山科青少年活動センターに行き、昨年度の御礼と
今年度の共催のお願い。快く受諾して頂き、ひと安心。
今年もよろしくお願い致します。

今日は、AAF実行委員会のコミュニティアート・ふなばしの下山さんがお見えになる。
プロジェクトについてヒアリングをされるとのことで、
ボランティアスタッフ2名にも同席してもらい、2時間に渡ってお話。
あらためて、めくるめく紙芝居について、自分で整理できているところと、
整理しきれていない部分がまだあるなと感じる。
去年はあまりにも深く関わりすぎたので、全体像が客観視しきれていない。

時間になったので、ワークショップ会場へ。
今日は太陽クラブの例会にお邪魔するので、
いつもと雰囲気がちょっと違う。
ゆるゆると始まり(この感じ、久しぶり)、自然発生的に歌やダンスや絵が生まれる。
ブームワッカーを両耳に当てて藤本由紀夫さんの作品みたいにして遊んだり、
背中を合わせてダンスをしたり。
ゆるゆる、だらだらしながら、林さんやスタッフは全体や部分を常に見ていて、
自由にしながらも誰かが誰かを気にかけ、
「自分がいまいたほうがいいところ」「いたいところ」を判断して動けるようになっている。
だからワークショップの場は自由だけど、トラブルや事故は起こらないし、
おもしろいものをどんどん引き出せる空間ができる。素晴らしいことだと思う。
これは1年間の経験のなせる技だろう。

あっという間に21時。
帰りがけに、絵のかけるスタッフにお願いしていたチラシ原稿を見せてもらう。
全部手書きで、とても新鮮でいい感じです!
by ide_h | 2007-08-11 23:42 | めくるめく紙芝居

めくるめく紙芝居 公式ブログサイトスタート!

「めくるめく紙芝居」の公式ブログサイトがスタートしました。
団体プロフィール、活動予定日、活動レポートなどの情報が掲載されています。
スタッフKによる活動レポートは必見!
ゆかいではちゃめちゃなワークショップのレポートがご覧いただけます。

「めくるめく紙芝居 公式ブログ」
http://www.voluntary.jp/mek/
by ide_h | 2007-08-03 16:00 | めくるめく紙芝居